名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

モーセ『主の日を心にとどめ、これを聖とせよ。』

モーセ


古代イスラエル民族指導者 モーセ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


※『モーセの十戒』である。

 

『安息日を心に留め、これを聖別せよ』

 

ともある。どちらかというと、こっちの方がわかりやすいだろう。

 

というか、両方ともわかりづらいだろう、というのが知らない人の本音だ  『知らない人』というのは、これらの宗教に無関係の人である。

 

『安息日=主の日』となるわけで、これは、『日曜日』のこと。つまり、月曜から土曜日の6日間は思う存分働き、聖なる日である日曜日には働いてはならない。

 

私は、クリスチャンの親の下に生まれ、一時はその親ごと宗教を呪った身だ。その観点からでしか言えない意見をここに書く。そんな私も、『日曜日に(正確には週に一度)安息日を設ける』ことは、心底から納得がいく話なのである。その理由は、ただ単純に『休みたいから』という浅薄なものではない。

 

トルストイは言った。

『神は人間に額に汗して働けと命じている。銀行に金を積んで、何もしないで食べていこうとするのは人間の掟に反することだ。』

 

さて、なぜ『額に汗して』、『楽を求めてはダメ』なのかその事実はトルストイの言う通り、あるいは、聖書の『伝道者の書 5章』にあるこの一文を見ても浮き彫りになる。

 

『見よ。

 

私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許されるいのちの日数の間、日の下で骨折るすべての労苦のうちに、しあわせを見つけて、食べたり飲んだりすることだ。

 

これが人の受ける分なのだ。

 

実に神はすべての人間に富と財宝を与え、これを楽しむことを許し、自分の受ける分を受け、自分の労苦を喜ぶようにされた。

 

これこそが神の賜物である。

 

こういう人は、自分の生涯のことをくよくよ思わない。神が彼の心を喜びで満たされるからだ。』

 

 

そして、『限界効用の逓減』とは例えば、仕事終わりの一杯目のビールは美味いが、二杯目、三杯目と味が落ちていく現象のことである。

 

 

さて、ここまで考えてみて、ここに一体何が見えただろうか。

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『私が『神』という言葉を抵抗なく使えるようになったのは、その言葉自体に何の意味も無いことを理解したからだ。』

 

黄金律

『神の偶像崇拝が禁止されている、唯一とされているのは、神が人間ではなく、見えるものでもなく、真理だからであり、真理が2つあっていいわけがないからだ。』

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

モーセ『主の日を心にとどめ、これを聖とせよ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

モーセ関連の書籍

 

同じ人物の名言


『わたしのほかに神があってはならない。』

 

『あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。』

 

『あなたの父母を敬え。』

 

『殺してはならない。』

 

『姦淫してはならない。』

 

『盗んではならない。』

 

『隣人に関して偽証してはならない。』

 

『隣人の妻を欲してはならない。』

 

『隣人の財産を欲してはならない。』

 

『偶像を作ってはならない。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP