名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

三浦綾子『包帯を巻いてあげられないのなら、むやみに傷口に触れてはならない。』

三浦綾子


日本詩人 三浦綾子

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


私は両親にクリスチャンであることを強要されたから、宗教が嫌いだったし『慰め』も嫌いだった。

 

しかし、この三浦綾子の言葉を聞いたのは17歳の時で、なぜ私は今、この言葉を今もまだ鮮烈に覚えているのだろうか。その頃はまだ、今よりもはるかに精神未熟で、見識もおぼろげだったはずなのに。

 

私には、理解者がいなかった。

 

まず、クリスチャンということだけで、例えば学校には私の他にあと何人いるか、というぐらいのものだったし、そのうちの一人の教会の息子と話をしても、全く自分と価値観が違っていて、以来、二度と話すこともなかった。

 

 

『強いられていて、そこから自由になろうとする』という気持ちでつながったのは、悪友たちだった。そしてそれから数年間、私と悪友との、ここには到底書けないような日々が続いたのだった。

 

しかし、彼らとて、やはり心底では繋がっていなかった。私はそれでも、難しい事を考えないで済むから、その自由への逃亡と追及に付き合ってくれる彼らと共に時間を過ごし、その内、その時間を何よりも大切にするようにした。当然、家族との時間よりもだ。

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    三浦綾子の言葉を自分のものにする



    やがて、そんな彼らとの人間関係にも限界が訪れることになった。精神未熟な年齢ということも手伝って、我々の人間関係の中には、秩序がなかったのだ。そして、その混沌として曖昧だった絆の糸は、次第にちぎれていったのである。

     

    私が、三浦綾子のこの言葉に出会ったのは、『結構な場所』だった。私がそこにいた理由も書けないし、どこにいたかも書けない。

     

    しかし、その時既に私の父親は肝臓がんで余命3か月を宣告されていて、私の精神状況は、極めてセンシティブだったことは確かだ。

     

    私には、理解者がいなかった

     

    最愛だったはずの両親とは、もう二度とかつての様な仲に戻ることは出来ない。最愛だったはずの実の兄との間には、心に残って消えない理不尽な一件があった。悪友たちは、別に理解者ではない。心底の部分での絆は、知れたものだった。

     

    かといって宗教をやるのか。それを心は求めていないのだ。しかし、こうして父親が死んでいく。一体私はどうすればいいのだろうか。

     

    助言はあった。説教はあった。一方的に決めつける揶揄や批判や言い渡しはあった。しかし、そのどれもが私の心の奥にある、闇で覆われた的を射ることはなかった。

     

     

    私には、理解者がいなかった。

     

    だからこそ、三浦綾子のこの言葉は、私の胸に突き刺さって、今も尚消えないのかもしれない。

     

    そして私は思った。

    (でも逆にこれって、包帯を巻いてあげられる資格が、俺にはある、ってことだよな。)

     

    ホイットマンは言った。

    『寒さにふるえた者ほど太陽を暖かく感じる。人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。』

     

    この言葉に出会ったのも、全く同じその時期だった。

    (そうか。俺は人に包帯を巻いてあげよう。これだけの目に遭ってきたんだ。それが本当なら、それが巻けるはずだ。)

     

    あれから15年。今、私は吃音症の部下と向き合って、もうすぐ7年になる。幼少期に兄を事故で亡くし、以来、骨の髄にまで被害者意識が染みついて、何度も同じ過ちを繰り返し、文字通り『正常』ではない失態を繰り返すこの部下を、私が本気で叱りつけるのを止めない理由は、もしかしたら、三浦綾子のこの言葉に、あの日あの時、出逢ったからなのかもしれない。

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

     

    『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

    人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

     

     

    黄金律

    『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

     

    黄金律

    『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

     

    黄金律

    『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

     

     

    黄金律

    『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

     

     

     

    三浦綾子『包帯を巻いてあげられないのなら、むやみに傷口に触れてはならない。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

     

    同じ人物の名言


    『一つの製品を生み出すためには、醗酵の期間が大事なように、人生というものはすべて、待つ間に熟して行くのだ。』

     

    『人生にはピリオドは唯一つで、あとはコンマ、コンマの連続だという思いがしきりにした。最後の終止符を打つまでは、人生いろいろなところでコンマが打たれるのだ。』

     

    『いままでふり返ってみて、大きな不幸と思われることが、実は大切な人生の曲がり角であったと思われてならない。』

     

    『人間として本当の生き方に立っていたならば、一生を育児に捧げようと、芸術に捧げようと、決して空しさに終わるはずはない。』

     

    『夫婦関係でも、また、嫁姑の関係でも、労使関係でも、友人関係でも、相手は人間である。この相手を知り、自分を知ることが、人との関係を保つ基本ではないか。』

     

    『日頃自分が恥ずかしいと思っていることが、本当に恥ずかしいことなのか、恥ずかしいと思うこと自体が恥ずかしいことなのか、よく見極めて生きたい。』

     

    『片目をつむるというのは、見て見ないふりじゃなく、つむっている片目では、自分の心の姿も見るといいのね。』

     

    『人間てね、その時その時で、自分でも思いがけないような人間に、変わってしまうことがあるものですよ。』

     

    『苦難の中でこそ、人は豊かになれる。』

     

    『やれるかも知れない、と思った時、自分でも気づかなかった力が出てくるものなのだ。初めから、できないと言えば、出来ずに終わる。』

     


    ↑ PAGE TOP