『ヒト』を最適化しよう。

三浦綾子『今までふり返ってみて、大きな不幸と思われることが、実は大切な人生の曲がり角であったと、思われてならない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

ポイントは『曲がり角』という概念である。ここが極めて重要なポイントであり、サラッと聞き流してしまっている人は、こうして粒立てることで、フィーチャー(ピックアップ)され、今、この『曲がり角』という言葉に対し、集中力が跳ね上がったはずだ。それでいい。いや、私もそう言ってほしかった。私には最高のメンターがいたが、しかし、これは別にそのメンターに言われたことではない。

 

『最高のメンターがいた』ということも、サラッと聞き流してい待ってはならない。FacebookのCOO、シェリル・サンドバーグは、著書『LEAN IN』でこう言っている。

Googleにいた頃、非常に優秀な若い女性に数年にわたって注目し、彼女が重大な決定をする局面で折に触れてアドバイスをした。『メンター』という言葉は使わなかったが、彼女の成長の為にたくさんの時間を費やしたつもりだった。だからある日彼女が、

『私はメンターはいなかったし、私を見守ってくれる人は誰もいなかった』

 

とひどくあからさまに言った時、私はびっくりしてしまった。そこで、

『あなたはメンターをどういう意味で使っているのかしら』

 

と質問してみた。彼女曰く、

『少なくとも週に一時間は話し合いをする相手』

 

だと言う。私は微笑み、それはメンターではなくセラピストだと思ったけれども、何も言わなかった。

 

 

彼女は続けて、

『手とり足とりメンティーを指導するほど時間のあるメンターはめったにいない。たいていは自分の厄介な仕事に忙殺されている。(中略)メンターになるような地位の人達がもっとも得意とするのは問題解決である。』

 

と言っているが、そもそも『メンターが存在した』ということだけで、私は極めて貴重な体験をしていることになる。しかし、その私でも、彼らメンターに、特にこの『曲がり角』という部分について、具体的な指導を受けたことはない、ということなのだ。これで、俄然この問題についての集中力は高まったことだろう。

 

では、本題である。むしろなぜ、人生が『一本道』だと思っていたのか?

 

我々は『人生』を生きている。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『それは『行き止まり』ではない。ただの『曲がり角』だ。』

同じ人物の名言一覧