名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ジャン・パウル『人生は一冊の書物によく似ている。愚かな者はそれをパラパラとめくっているが、賢い者はそれを念入りに読む。なぜなら彼は、ただ一度しかそれを読めないことを、知っているからだ。』

ジャン・パウル


ドイツ作家 ジャン・パウル画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


この人生、『死』を考えられている人と、そうでない人とでは、毎日の生きるエネルギーが違う。

 

ちょうど、1000m走か何かの長距離走に似ている。このレースが、永遠に続くと思っている人は、急にダッシュをした人間の心境を理解できないだろう。

 

彼らは『知った』だけなのだ。このレースの距離が、『1000m』だということ、そして、二度とあるレースではないということを。

 

レース

 

私自身が、『パラパラとめくる人生』を生きていた代表のようなものだ。場当たり的で、射幸的で、(あわよくば)とか、(どうせ)だとか言ってみせては、そのパラパラの人生を虚しく正当化していた。

 

そして、恐らくこれを読んでいる人が一生経験しないような経験をした。それぐらい典型的であり、その王道をひた走っていたといっても過言ではない。

 

そんな私が、なぜ『一枚一枚丁寧にめくる』ようになったかというのは、17歳で父親を亡くしたことも極めて大きな影響を与えているが、もう一つ、万人に通用するポイントがある。

 

それは例えば、今日、この言葉に出会った。そこから、目を逸らさないだけでいい。たとえ今すぐには実行に移せなくても、目を逸らさず、頭の片隅に置いておくだけでいいのだ。

 

すると、いつか必ず『ハマる』ときがくる。

 

その、ワンピースが。

 

私自身が、そうだった。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

ジャン・パウル『人生は一冊の書物によく似ている。愚かな者はそれをパラパラとめくっているが、賢い者はそれを念入りに読む。なぜなら彼は、ただ一度しかそれを読めないことを、知っているからだ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

ジャン・パウル関連の書籍

 

同じ人物の名言


『大文字ばかりで印刷された書物は読みにくい。日曜日ばかりの人生もそれと同じだ。』

 

『貧困と希望は母と娘である。娘と付き合っていると母のほうを忘れる。』

 

『文は人なり』

 

『老人の上機嫌ほど美しいものはない』

 

『父親が子供に語ることは世間には聞こえないが、彼の子孫には聞こえる』

 

『称讃された時ではなく、叱責された時に謙虚さを失わない者こそ真に謙譲な人間である』

 

『われわれが追い出されずにすむ唯一の楽園は思い出である』

 

『地上の生活においては、一年々々はまさに短いものである。年齢などはもっと短いし、人の一生ときたら、この上なく短い。しかし、その日その日は長いものである。刻一刻はもっと長いものだし、瞬間というものは往々にして、永遠に等しい』

 

『常に謙虚であるならば、褒められたときも、けなされたときにも間違いをしない。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP