名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

松下幸之助『血の小便が出るまで苦労したのでしょうか。』

松下幸之助


日本実業家 松下幸之助画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


松下電器系列の販売会社や代理店の多くが、不況のため赤字経営に陥った時のこと。実情を聞こうと、松下が約200人の社長たちをホテルに集め、大懇談会を開いたところ、参加者たちからは次から次へと不満が続出。

『親の代から松下製品を扱っているがさっぱり儲からない。それどころか損が出ている。』

 

代理店の中には資本金が500万円にもかかわらず、1億5000万円という信じられない赤字を出していたところもあり、黒字だったのは200人中のわずか30人だった。

 

ひたすら批判ばかりする社長たちに松下はこう言ったのだ。

『血の小便が出るまで苦労したのでしょうか。』

 

松下は小学校を中退し、わずか9歳で丁稚奉公をしていた。ヒトもカネもコネもモノもないゼロから這い上がった松下の言葉には、言霊が宿っている。

 

火

 

それに比べて彼らはなんだ。一体、何が言いたいのだ。たった一度のこの人生、全ての人間が同じ『人生』を生きているというのに、なぜその人生を『人に何とかしてもらおう』と考えてしまうのか。

 

恥を知らなければならない。この世には、両目の視力を失い、聴力を失い、あるいは五体不満足に生まれ、理不尽な他人の負の連鎖を浴びて、それでも前を向いて自分にしか生きれない人生を歩む人がいる。

 

御木徳近は言った。

『「一体どれだけ努力すればよいか」という人があるが「君は一体人生を何だと思うか」と反問したい。努力して、創造していく間こそ、人生なのである。』

 

結果が出ていないなら、それはただ努力をしていないだけだ。

 

王貞治は言った。

『努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。』

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア


 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

36.『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。

『コツコツ』という言葉が嫌いなら使う必要はない。『確かな一歩』を踏み続けろ。それは確かにたかだか一歩だ。だが、『確か』な一歩だ。


>>続きを見る

 

37.『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。

金鉱で金を掘り当てることが出来る人間は、『最後』まで掘るのを止めなかった人間だけだ。


>>続きを見る

 

38.『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。

一つのことに集中することで得られる甚大な恩恵を知れ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『大変という字は大きく変わると書く。大きな変化を自分に期待する人間が、大変な思いを避けてどうする。』

 

黄金律

『逆に、なぜ一本道だと思ったのか。』

 

 

黄金律

『いくら押しても開かないドアがあるなら、それは『引きドア』だ。』

 

 

黄金律

『結果が出るまで『続ける』のではない。結果が出るまで『最適化する』のだ。そこにある差は、まるで『紙ヒコーキとセスナ』である。』

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

黄金律

『真っ白で、綺麗で、勝者でいられるって、そりゃあそうだろう。黒に触れなきゃ、白くいられる。』

 

 

 

 

松下幸之助『血の小便が出るまで苦労したのでしょうか。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

松下幸之助関連の書籍

 

同じ人物の名言


『賃上げも、首切りも結構やな。だがしかし、ウチはよそのように人のクビは切れん』

 

『商売なんて、最初は無料で奉仕するつもりでやれ。』

 

『人の行うべき誰にでも与えるものはある。笑顔を与える、笑いを与える。求める活動から与える活動へ転換をはかりたい。』

 

『雨が降れば傘をさす。』

 

『人間万事、世の中のすべては、天の摂理で決まるのが90%、あとの10%だけが人間の成し得る限界だ。』

 

『機会というものは真に熱意をもってことに当たれば、随所にあるものである。』

 

『いくら粉飾したところで、自分の生地は誤魔化し切れない。正直こそが、処世の一番安全な道。』

 

『私は部下に大いに働いてもらうコツの一つは、部下が働こうとするのを、邪魔しないようにするということだと思います。』

 

『人間の運命を変えようと思ったら、まず日々の習慣から変えるべし。』

 

『世の為、人の為になり、ひいては自分の為になるということをやったら、必ず成就します。』

 

『難しいことはできても、平凡なことはできないというのは、本当の仕事をする姿ではない。』

 

『当たり前のことを適時適切に実行するというところにこそ、商売なり経営の秘訣があるといえるのではないでしょうか。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP