名言を自分のものにする

広告

 

> > > 6ページ目

 

キリスト(聖書)の言葉

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

 

10
111213141516

キリスト(聖書)の言葉キリスト(聖書)の言葉

 

 

『友を侮辱するのなら、もう一生友達ではいられなくなると思え。』

 

カテゴリー:『シラの書』 第22章

友に向かって剣を抜き、友の意見に強く反対したとしても、いつか誤解が解け、あるいは理解し合って再び友人になることはあるだろう。

>>続きを見る

 

『受け入れよう。希望を持とう。思い上がるのをやめよう。』

 

カテゴリー:『ローマ人への手紙』 第12章

誰かが助けを求めているのなら、それを受け入れよう。間違ってもそれを拒んではならない。

>>続きを見る

 

『友を売るような真似をするな。もし売りたいと思うなら、お前に最初から友はいない。』

 

カテゴリー:『シラの書』 第27章

友というのはなかなか難しい関係だ。恐らく真の友人は、人間として未熟な時には出来ない。

>>続きを見る

 

『私の姿を見たことがない?それはただ視野が狭いだけだ。』

 

カテゴリー:『ヨハネの第一の手紙』 第4章

例えば道が二つある。両方とも同じ道だ。同じように作られた道で、同じように途中に人がいる。

>>続きを見る

 

『あなたが復讐しなくても私がするから安心せよ。』

 

カテゴリー:『ローマ人への手紙』 第12章

例えば復讐しようとして、人を殺めたとする。すると、今度は自分が殺された人間の周りの、復讐の的になる。そして更に復讐の連鎖は続く。

>>続きを見る

 

スポンサーリンク

 

『浮気をするな。不倫をするな。だが、脳と心は別次元と考えるのが正解だ。』

 

カテゴリー:『格言の書』 第5章

この問題についてはよく議論されている。女は『なぜ男は浮気をするのか』と言ったり、男は『不倫は文化だ』と言ったり。

>>続きを見る

 

『SEXを何だと考えているだろうか。快楽の源?生命の源?その判断が運命を決める。』

 

カテゴリー:『コリント人への第一の手紙』 第6章

SEXに快楽を感じないという人間は、ただ『SEXをしばらくしていない』か、『無駄なSEXをやりすぎている』かのどちらかだ。

>>続きを見る

 

『虹の存在理由を忘れたか。虹は、この星が今日も無事であることを知るためのサインだ。』

 

カテゴリー:『創世の書』 第9章

聖書には『虹は私がノアに向けたサインだ』と書いてあり、ノアとは、『ノアの箱舟』のノアなわけだが、彼が背負った使命は、地球に住むすべての生命を守るというものである。

>>続きを見る

 

『男と女には原則の役割がある。』

 

カテゴリー:『創世の書』 第3章

女は痛みに耐えながら、子を産む使命を背負っている。男はそれが出来ない。

>>続きを見る

 

『性欲があるのは当然だ。だが、性欲の持っていき方を間違えると、取り返しはつかない。』

 

カテゴリー:『格言の書』 第2章

例えば浮気、不倫、強姦、小児拉致監禁、これだけ考えても、おぞましい限りだろう。

>>続きを見る

 

 

10
111213141516

キリスト(聖書)の言葉キリスト(聖書)の言葉

 

 

広告

 

↑ PAGE TOP