名言を自分のものにする

広告

 

> > > 3ページ目

 

キリスト(聖書)の言葉

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

 

10
111213141516

キリスト(聖書)の言葉キリスト(聖書)の言葉

 

 

『その偶像は一体なんだ?誰がその像を拝めと言ったのだろうか。』

 

カテゴリー:『エレミヤの書』 第2章

無意味な儀式や偶像崇拝は、間違った解釈である。しかし、寺や教会に行けば、仏像やキリストの偶像がある。それを拝んで、あるいは合掌し、祈りを捧げる。

>>続きを見る

 

『お洒落をしてもいい。異性を気にしてもいい。だが、決して忘れてはならないことがある。』

 

カテゴリー:『コヘレットの書』 第3章

お洒落をするのは、特に女性にとっては生きがいに等しい。別にそれはいい。男が逞しく、女が美しく在ろうとすることは、人として普通だ。それはいいのだ。

>>続きを見る

 

『人生は有限だ。そしてそれは別に、人生だけではない。』

 

カテゴリー:『詩篇』 第94篇

我々は、『有限』である。『無限』ではない。このことを理解することは、大きな力を与える。

>>続きを見る

 

『傲慢で高慢な人間?放っておいていい。あなたが何かをしなくても、必ず制裁は行われる。』

 

カテゴリー:『ルカによる福音書』 第22章

怒りに身を任せ、支配され、復讐心に乗っ取られることがある。人生を生きていると、そういう負の感情に心を支配されることは、往々にしてある。だから自分だけが損をしているわけではないことを、まずは知る必要がある

>>続きを見る

 

『人間は土壇場で本性が変わる。だとしたら彼らの声は、傾聴に値しない。』

 

カテゴリー:『エレミヤの書』 第5章

つまり、土壇場で本性が変わらない人間なら、傾聴に値するのだ。ルカによる福音書 第22章の『ペトロと雄鶏』は有名だが、この話の様に、人間は、自分の身が助かるというのであれば、

>>続きを見る

 

スポンサーリンク

 

『争いや破壊をさせるために人間をリーダーにしたのではない。-Part.3』

 

カテゴリー:『創世の書』 第6章

私はこのPart.1に、しかしそうは言っても人間がもうずいぶん長い間、地球に君臨し続けている。それはどうしてだろうか。

>>続きを見る

 

『争いや破壊をさせるために人間をリーダーにしたのではない。-Part.2』

 

カテゴリー:『ヨハネによる福音書』 第20章

震災があって、津波で大勢の人が亡くなった。彼らの命の多くは、間違いなく、清廉潔白だった。被災者も遺族も、他の人には決して理解されることのない苦しみの中で、余生を生きていくことを強いられるのである。

>>続きを見る

 

『未熟な人と想像力の足りない人は、自分で体験しないと理解できない性質を持っている。』

 

カテゴリー:『創世の書』 第1章

例えば風邪をひいている人や体調を崩している人がいても、10代の頃なんかは、別に興味が持てなかったりすることがある。

>>続きを見る

 

『争いや破壊をさせるために人間をリーダーにしたのではない。』

 

カテゴリー:『第二法の書』 第5章

『地球を支配する』のが人間の役目だ。文字通り、『支え』になって、『気を配る』。『戦争』や『環境破壊』が『支配』に該当すると思っているのであれば、人間はもう地球のリーダーを止めた方が良い。

>>続きを見る

 

『殺すな。犯すな。盗むな。これは原則である。従えないなら、しっぺ返しが必ず来る。』

 

カテゴリー:『エゼキエルの書』 第33章

例えば『絶対に切れないゴム』があったとする。上と下がくっついていて、縦に一直線にそれはある。引っ張ろうとすれば、引っ張れる。

>>続きを見る

 

 

10
111213141516

キリスト(聖書)の言葉キリスト(聖書)の言葉

 

 

広告

 

↑ PAGE TOP