名言を自分のものにする

広告

 

> > > 2ページ目

 

キリスト(聖書)の言葉

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

 

10
111213141516

キリスト(聖書)の言葉キリスト(聖書)の言葉

 

 

『自分の魔性(罪)と戦った?それがどうした。人に自分の怠惰を見せびらかすな。

 

カテゴリー:『コリント人への第一の手紙』 第4章

自分の中には魔性と聖性がある。善玉菌と悪玉菌と考えれば良い。善と悪でも天使と悪魔でも何でもいいが、とにかく両面がある。

>>続きを見る

 

『肉体は老い衰える。だが、自分の心はそうではない。

 

カテゴリー:『コリント人への第一の手紙』 第1章

35歳をピークに、人の身体は衰えていく。腕力も、持久力も、脳力も、抗酸化作用も衰えていく。それはつまり『老い』である。

>>続きを見る

 

『優れた者?私の目にはそうは映らない。

 

カテゴリー:『ヨエルの書』 第2章

ヒントはソクラテスの『無知の知』である。人間は一生、無知のままなのだ。

>>続きを見る

 

『人に自分の不運を見せびらかすな。本当に悔いているなら、一人で苦しめ。

 

カテゴリー:『知恵の書』 第1章

もしそれが出来ないというのなら、そこに『悔い』などない。あるのは『悲劇のヒーロー・ヒロイン気取りのエセ役者』であり、

>>続きを見る

 

『死を望むな。望まなくてもどちらにせよ死ぬ。

 

カテゴリー:『マテオによる福音書』 第5章

私は、とある類稀な場所で生活をしていたことがある。かつてキリスト教や仏教が生まれた2500年も前の時代も、身分差別や奴隷制度が当たり前の様にあった。

>>続きを見る

 

スポンサーリンク

 

『そもそも人間が、誓いなど出来ない。もしそれが出来ると言うのなら、偽善者である。

 

カテゴリー:『マテオによる福音書』 第19章

吉行淳之介は言った。『汚れるのが厭ならば、生きることをやめなくてはならない。生きているのに汚れていないつもりならば、それは鈍感である。』太宰治は言った。『とにかくね、生きているのだからインチキをやっているのに違いないのさ。』

>>続きを見る

 

『尊い生命を名乗るなら、それに相応しい生き方をしなければならない。

 

カテゴリー:『マテオによる福音書』 第24章

それは、『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、父母を敬え、人を自分の様に愛せ』ということを守る生き方である。"

>>続きを見る

 

『人間は恒久的に未熟だ。そのことを悟ると、見えて来るものがある。

 

カテゴリー:『マテオによる福音書』 第10章

例えば、争いや憎しみ、裏切りや殺戮、内乱、飢饉、ありとあらゆる事態現象が想像できるはずだ。

>>続きを見る

 

『神が人の平和を叶える?なぜそんなことをしなくてはならない。

 

カテゴリー:『シラの書』 第26章

結果論だ。結果的に、人々や動物、昆虫や草木が『幸福だ』と考えてのびのび生きるのはいいが、なぜ最初から『人の幸せと平和』を叶えなければならないのだ。

>>続きを見る

 

『公明正大ではなく、理不尽な扱いがあった。それは決して許されない。しかし、だからと言ってそれを理由に悪に染まることも許されない。

 

カテゴリー:『知恵の書』 第14章

まずは、この記事を見る必要がある。マルコムX『私は自衛のための暴力を、暴力とは呼ばない。知性と呼ぶ。』ネプチューン国王『我が妻を殺した者を…!!!なぜブチ殺してはならんのか!!!わしには到底わからんのじゃもん!!!!』

>>続きを見る

 

 

10
111213141516

キリスト(聖書)の言葉キリスト(聖書)の言葉

 

 

広告

 

↑ PAGE TOP