名言を自分のものにする

広告

 

> > > 11ページ目

 

キリスト(聖書)の言葉

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

 

10
111213141516

キリスト(聖書)の言葉キリスト(聖書)の言葉

 

 

『天上天下唯我独尊。その意味をはき違えるな。』

 

カテゴリー:『格言の書』 第6章

キリスト教で言われる『7つの大罪』とは、傲慢、嫉妬、憤怒、怠惰、強欲、暴食、色欲、が挙げられる。

>>続きを見る

 

『白から黒はすぐだ。だが、黒から白に戻すのは容易ではない。』

 

カテゴリー:『エレミヤの書』 第13章

普通に考えてそうだ。白から黒は一瞬にして染まる。だが、黒から白には戻らない。同じように、悪に染まりきった人間が清廉潔白な人生を生きるのは難しい。例えば、麻薬をやると『神経』が出来てしまうという。

>>続きを見る

 

『白い色と黒い色がある。さて、その色は本当に合ってるか?』

 

カテゴリー:『知恵の書』 第2章

人間は、『善』なのか、それとも『悪』なのだろうか。もし『善』なら、なぜ人を殺したり、人の心を凌辱したりするのだろうか。もし『悪』なら、なぜ人を癒したり、人の心を温めることがあるのだろうか。

>>続きを見る

 

『人を食うのが異常だと思うなら、人の心も剥いで削ぐな。』

 

カテゴリー:『ミカヤの書』 第3章

人に対して、善い行いをすると、人は心が暖まるような幸せな気持ちになる。

>>続きを見る

 

『利に傾いた人間は、盲目状態である。盲目の状態で崖の淵を歩くとどうなるか。考えてみるといい。』

 

カテゴリー:『コリント人への第一の手紙』 第6章

『コリント人への第一の手紙 第6章』にはこうある。この世において不正な人は、神の国を継ぐことが出来ない。

>>続きを見る

 

スポンサーリンク

 

『見て見ぬフリをして争いを避け、平和主義を演じるのはやめよ。』

 

カテゴリー:『格言の書』 第10章

見て見ぬフリをしたり、言うべき意見を言わずに傷をなめ合う人間関係に甘んじない方が良い。

>>続きを見る

 

『意識しなければそれは良心となり、意識すればそれが信仰となる。』

 

カテゴリー:『ローマ人への手紙』 第2章

この世には圧倒的な力が渦巻いている。例えば宇宙の端から端はどれぐらいの距離があるか、あるいは『無限』なのか。他の宇宙はあるのか、そこに人間はいるのか。

>>続きを見る

 

『真の指導者の在り方とは。』

 

カテゴリー:『ヨハネによる福音書』 第10章

まず、そのまま書こう。ーヨハネによる福音書 第10章ー『自分の羊を持っていない雇われ羊飼いは、狼が来るのを目にするや羊たちを置いて逃げ出してしまう。

>>続きを見る

 

『真理に目を向けられないのが、もし”臆病者”だとしたら?』

 

カテゴリー:『エレミヤの書』 第4章

真理。キリスト教では、『神』と言った方が良いだろう。とにかくもしそれらの絶対不変の事実に目を向けないことが、『臆病者』の証拠であると知ったら、どうするだろうか。

>>続きを見る

 

『人間は、宇宙の覇者ではない。』

 

カテゴリー:『マルコによる福音書』 第12章

『根っこと枝の原理を知れば解決する。』『覇者』の定義の問題ではあるが、例えば私はGoogleは、地球のある種の覇者になったと考えている。

>>続きを見る

 

 

10
111213141516

キリスト(聖書)の言葉キリスト(聖書)の言葉

 

 

広告

 

↑ PAGE TOP