『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

ルフィ『わりい おれ死んだ』

自分の人生はたった一度だと知って、冒険する人間。自分の人生はたった一度だと知って、保守的に生きる人間どちらも同じ人間、たった一度の人生を生きる、同じ人間だ。なのにどうしてこんなにも、生き方は違うのだろう『環境』の差異も、大きな理由の一つだろう。資産家は『守り』貧困者は『攻める』。生まれた環境の大きな力が、『そうしなければならない』と、自分の人生を形取るからだ。だが、本当はどういう生き方が人間として本当に正しい姿なのだろうか。

 

人生は長いようで短い。また、短いようで長くもある。こういう言葉がある。

 

『一日は短い単位の一生、一生は長い単位の一日。一日を一生の如く真剣に生き、一生を一日の如く気楽に生きたい。』

by岩淵克郎

 

どうやら、恵まれていても、恵まれていなくても、人の環境に差異があっても、共通して言えることがあるようだ。上に挙げた言葉に、自分の命にすら恬淡とした態度を取る為に人は、どういう生き方をしたらいいかということのヒントが、隠されている。

 

『わりい おれ死んだなははは やっぱ生きてた もうけっ』

 

たった一度の人生。唯一無二の存在。アウラ(儚いから尊い価値になる存在)。

 

『生きてるだけで、丸儲け。』

 

『命を使い切る。』

 

悔いのない人生。これらを内省すればおのずと見えてくる。

 

『ほがらかに死んでいく為に、私は生きようと思う。』

byゲレルト

 

この言葉の意味が。

 

 

Vアニメ「ワンピース」15周年記念!15の名場面で綴る感涙PV
※画像は以下の参考文献から引用しています。
 
一言
この記事は2009年に書いたものです。とても未熟な時期に書いたものなので、いずれまた修正いたします。またこの記事は運営者のワンピースに対するリスペクトの想いから書いていますが、もしこの画像の著作権が問題になる場合は、画像をすぐに削除いたします。