『ヒト』を最適化しよう。

アーロン『生物は みな生まれながらに平等じゃねぇんだよ』

人間は、生まれた環境で、大方の運命が決まる。例えば皇族に生まれた人間は、一生皇族として生きていくことを余儀なくされる。ヤクザの息子に生まれた人間は、負の連鎖を負い、同じような人生を送ることが多い。これらは当然、生まれた環境が人間を創るという、証拠である。

 

ある人間は、五体不満足で生まれ、ある人間は、人の10倍の速度で歳を取る先天性の病を持ち、ある人間は、衛生面の最低な泥水を笑顔で飲むことを強いられる。人間は、

 

妬んだらいいのだろうか。

嫉んだらいいのだろうか。

恨んだらいいのだろうか。

憎んだらいいのだろうか。

羨んだらいいのだろうか。

それとも…

 

『生物は みな生まれながらに平等じゃねぇんだよシャハハハハハハハ!!』

 

それとも、この世に生まれたことを感謝し、自分にしかできない人生を精いっぱい送ればいいのだろうか。20年以上前の動画で、とある誰もが知る暴力団幹部のインタビューを撮影したものがあった。

 

記者は言った。

『生まれ変わったら、何になりたいですか?』

 

暴力団幹部は言った。

『…。そらあ、お坊ちゃんでしょ。金持ちのお坊ちゃんに生まれたなら、ヤクザなんかやる必要ないんだから。』

 

自分達の人生に文句をつけようと思えば、いくらでもつけられる。だから世の中、考え方次第なのだ。この世に勝者、成功者なる者がいるとしたらそれは、この”儚い”人生に文句を言わずに、 “尊い”人生を生きた人間なのである。

 

 

Vアニメ「ワンピース」15周年記念!15の名場面で綴る感涙PV
※画像は以下の参考文献から引用しています。
 
一言
この記事は2009年に書いたものです。とても未熟な時期に書いたものなので、いずれまた修正いたします。またこの記事は運営者のワンピースに対するリスペクトの想いから書いていますが、もしこの画像の著作権が問題になる場合は、画像をすぐに削除いたします。