Contents|目次

『サバイビング・ピカソ』 レビュー(感想)と考察

『サバイビング・ピカソ』

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

パブロ・ピカソの生涯を彼とその妻、愛人たちとの遍歴、特にピカソと彼の最も愛した女性フランソワーズ・ジローを中心に描いた作品で、ピカソの生涯をアンソニーホプキンスという名優を通して観れるのは贅沢以外になにものでもない。

 

アリアーナ・S・ハフィントンの「ピカソ 偽りの伝説」(高橋早苗訳、草思社、1991、原題は「ピカソ 創造者にして破壊者」)を下敷きにしているというが、ピカソ自身がこう言っている。

 

 

またこうも言っている。

 

それであれば、その『芸術』という『非常識』な概念をイメージしながら、彼の生涯を観たいわけだ。ルソーマルクスが言うように人は元々平等だったし、お金や結婚、仕事といったあらゆる社会制度や仕組みの中でどんどん『不自由』になっていった。その『非常識な常識』という枠組みにとらわれず、もう一つの世界線に目を向けるのが芸術であれば、いささか彼の人生は『偽り』とは言えないだろう。

 

ホプキンスがお茶目なピカソを描いていて、個人的にはホプキンス史上最も可愛い姿を観ることができた。

 

 

『この映画のジャンル』

偉人、実話、芸術

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『カーズ』レビュー(感想)と考察 『ナチス侵攻』 レビュー(感想)と考察 『パッセンジャー』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS