Contents|目次

パブロ・ピカソ『誰もが芸術を理解しようとする。ならば、なぜ鳥の声を理解しようとはしないのか。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

 『誰もが芸術を理解しようとする。ならば、なぜ鳥の声を理解しようとはしないのか。人が、夜や花を、そして自分を取り巻く全てのものを、理解しようとしないで愛せるのはなぜだろうか。なぜか芸術に限って、人は理解したがるのだ。』

 

その理由は、『芸術を理解したら通っぽい』からだ。または、『同じ人間が作ったものだから理解できるはず』と思うからだ。あるいは、『天才と言われる芸術を理解できる自分でありたい』と考えるからだ。

 

 

様々な理由から、人は芸術を『理解』しようとする。ピカソのこの言葉から考えられるのは、

『もっと鳥の声や花を理解して、愛そうではないか』

 

という方向と、

『それらも別に理解などしないけど、愛しているではないか』

 

という方向だ。前者からは、『人間本位にならず、森羅万象規模で在るべきだ』というメッセージが込められているように見え、後者からは、『芸術なんて、理解するものではないんだ』というメッセージが込められているように見える。そのどちらをとっても、芸術というものは、およそ『人間の理解』を超えたところにある、一つの概念であることがわかる。

 

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

土方歳三『よいか、人を斬る剣は所詮は度胸である。剣技はつまるところ、面の斬撃と、突き以外にない。習い覚えた区々たる剣技の末梢を忘れることだ。』 相馬愛蔵『機会というものは、いつも初めは、一つの危機として来るか、あるいは一つの負担として現れた。』 安岡正篤『少数の真剣な求道者のみが時制の運命を徹見し、社会を善導することができる。』

 

関連する『黄金律

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

同じ人物の名言一覧

パブロ・ピカソの名言・格言一覧