Contents|目次

『愛と精霊の家』 レビュー(感想)と考察

『愛と精霊の家』

ポスター画像出典:『Amazon

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

 

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『レビュー(感想)と考察』

壮大な人間ドラマと聞いて、『愛と』というタイトルがつくとかなり重苦しく構えてしまうし、『精霊』となるとオカルト嫌いな私は抵抗を覚える。この時点でこの映画の第一印象は悪かった。だが、メリルストリープの『愛と哀しみの果て』は面白かったし、なんだかんだいって彼女の作品は見応えのあるものばかりなので、忍耐強く見ていくことに。

 

やはり、超能力を持った女性役をメリルストリープが演じるのだが、それがどこまで自然に物語に溶け込むかが大きなカギとなる。そういう、少し冷めた目で見る私の目には、しかしなかなかどうして自然な人間ドラマが展開されていくのが映った。

 

そして最後には『面白かった映画』のしるしである蛍光ペンをメモに引いたのだった。

 

『この映画のジャンル』

 

 

『その他映画コンテンツ』