『ヒト』を最適化しよう。

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

この世界には映画がおよそ『200万本』あると言われていて、それも正確な数字ではありません。

 

  1. 連続ドラマ
  2. アニメ映画
  3. 西アジア(イスラム圏、インド等)映画
  4. 東南アジア(フィリピン、カンボジア等)映画
  5. アマチュア映画
  6. B級映画

 

また、ヒット作を模倣した映画、パロディ映画、内容のないホラー映画や、未完成と言えるようなもの、未発表のものなども多くあります。数で言うとインド映画は膨大であり、配給されていないもの、また戦争や事故、事件等で焼失してしまったフィルム等も入れると、やはりこの世には相当な数の映画が存在することになります。

 

有限のこの人生の中、何に時間を割き、どれに人生を費やすかということはあまりにも大きな問題。

 

  • 200万本×2時間=400万時間
  • 400万時間÷24時間=約16万7千日
  • 16万7千日=約457年

 

たとえ現在の映画本数を200万本と計算しても、それらすべてを観ている間にも次々と新作は登場。我々はこれらの映画をすべて『寝ずに』観ても、500年の時間があっても足りません。

 

私はここに書いたように、映画鑑賞をする際に意識しているのは『映画の人生を自分のものにする』ということです。そして、『I×V=R』という方程式も書きました。到底あり得ないような状況を描いた映画や、クオリティの低い映画ではあまりその『R(リアリティ)』は得られません。そうなれば、その映画体験はあまり自分の人生にプラスにならない。我々は『映画を観る』のであって『映画に支配される』為に生きているのではありません。

 

もちろんB級映画が好きな人はそれで全然構いません。私もよく観ていましたし、子供の頃は様々なアニメ映画、少年時代はVシネマ、アダルト映画などたくさん観ました。しかし、映画を早送りなどせず『眺める』のではなく『鑑賞』し、それを自分の人生に生かすためには内省する必要があり、すべてを観ていたら時間がいくらあっても足りないのです。たとえこの世で100兆円手に入れたお金持ちがいたとしても、人間に与えられている時間はもれなく確実に、平等。映画鑑賞をする時間というのは、どんな人間であっても同じ時間を必要とするのです。

 

MEMO
アニメ映画がB級ということではありません。ディズニー、スタジオジブリ等、その他にも素晴らしい映画がたくさん存在します。

 

有限のこの人生。それは1年未満の人もいれば、100年生きる人もいます。平均としては70~80年。意識的に人生を生きるのが10歳からだとして、60~70年。平均を65歳としましょう。その時間の中には、大切な人と食事をしたり、話し合ったり、旅行したり、スポーツをしたり、学校に行ったり、仕事をしたり、本を読んだり、様々な時間があります。その中で、皆さんは映画鑑賞にどれだけ時間を割きますか?

 

  • 2000本×2時間=4000時間
  • 4000時間÷24時間=約166日
  • 166×2(一日12時間視聴計算)=約333日

 

例えば2000本観ると計算したら、1/65。65年あるうちの約1年を映画鑑賞に使うことになります。4000本なら2年、8000本なら4年間です。貴重な有限の時間です。なるべく有意義に使いたいし、失敗したくありませんよね。では、一度概算で人生で過ごす大体の行動の時間を計算してみましょう。

 

人生で過ごす大体の行動の時間

項目 1日 年間 65年計算 年数にして
食事 3時間 1095時間 約7.1万時間 約8年
睡眠 7時間 2555時間 約16.6万時間 約19年
排泄 15分 91時間 約5900時間 約250日
勉強 7時間 2555時間 約25550時間 約3年
家事 3時間 1095時間 約5.5万時間 約6.2年
育児 12時間 4380時間 約4.4万時間 約5年
テレビ視聴 2時間 730時間 約4.8万時間 約5.4年
SNS 2時間 730時間 約4.8万時間 約5.4年
合計 約52年

 

  • 食事:休憩含む
  • 勉強:中学~大学までの10年間で計算
  • 家事:50年計算
  • 育児:10年計算
  • 家事:掃除、洗濯、食事、買い出し等
  • SNS:youtube、インスタグラム、Twitter、LINE等に触れている時間

 

 

これらはあくまでも平均です。令和初期のこの時代、10代20代はSNSに費やす時間はもっと多いでしょう。実に52/65ですね。人生の基礎的なことを行うだけで、8割の時間は消費してしまいます。そのほか、

 

  • 仕事
  • 交通
  • ゲーム
  • おしゃべり
  • 旅行
  • スポーツ
  • 部活動
  • 資格勉強
  • 語学勉強
  • 読書
  • 研究
  • 内省
  • お風呂
  • 温泉
  • ドライブ

 

等、まだまだたくさん人生にはやるべきことや選択肢がありますね。例えば髪を切るのが仕事の人が1日7時間人の髪を切るとして、それを30年続けるとしたら、約9年間の時間を、人の髪を切ることに費やすことになります。それは立派な時間の使い方です。

 

映画関係者なら映画を1万本観てもいいでしょう。プロゲーマーやゲーム実況者として一生生きていく人なら、ゲームに人生の3分の1を費やしてもいいでしょう。それが仕事だからです。しかし、そうじゃない人はどうでしょうか。ただ何も考えずに、暇つぶし的に、時間潰しとしてゲームや映画、ドラマ鑑賞などに時間を割いて、本当に人生に悔いはないでしょうか。

 

 

そこで私は、この限りある有限の人生の中で観る映画を『ピラミッドの上位のみ』にするべきだと考えました。つまり、当サイトに掲載されている映画はすべて、この世にある数百万本の映画の中から、厳選に厳選を重ねた上位0.1%、つまり『S級映画』にスポットライトを当て、その中で更に私が良いと思った映画を厳選して、様々なカテゴリーに分けてランキングし、提供させていただきます。

 

MEMO
私が偉人に目を向け、名言に目を向け、四聖(孔子、ソクラテス、ブッダ、キリスト)に目を向け、その中から黄金律をまとめたこと、歴史に目を向け、世界遺産に目を向けたこともすべて同じ理由があります。

 

お金の使い方は『投資、消費、浪費』の3つがありますが、それは時間も全く同じです。時間を浪費せず、消費レベルに留めることなく、投資の次元に持ち込みたい。映画は我々の人生を食い破るために存在するのではなく、有意義にするために存在するのです。皆様の人生がより有意義になるように、そして、余計なお世話ですが『B級映画』の制作者がいずれ『S級映画』になって上がってくるように願い、今日も私は映画を愛し続けます。

 

MEMO
もちろん、あえてB級を愛するならば、それを否定しません。人の人生の数だけ、選択肢があるのです。また、S級かどうかの判断は私の見識で行いますので、ご了承ください。例えば、映画館で上映された映画、アカデミー賞を獲った、興行収入が多かったなども、選択基準の一つになります。

 

ちなみに、私は映画をランク付けするほど有能な人間ではありません。あくまでも個人の戯言です。

 

1,300本以上の映画を観て決めた、ジャンル別おすすめ映画ランキング!