Contents|目次

『ライアーライアー』 レビュー(感想)と考察

『ライアーライアー』

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

ライアー ライアー』(Liar Liar)は、1997年アメリカ映画ジム・キャリー主演のコメディ映画

 

監督 トム・シャドヤック
脚本 ポール・グアイ
スティーヴン・メイザー
製作 ブライアン・グレイザー
製作総指揮 マイケル・ボスティック
ジェームズ・D・ブルベイカー
出演者 ジム・キャリー
モーラ・ティアニー
ジャスティン・クーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

嘘をつくことが仕事であるという常識に支配された弁護士が、その常識の範囲外で生きる息子の純粋な願いによって『本来の人間の常識』を思い出す、あるいは思い知る教訓映画である。よく、子供の頃純粋だった気持ちが大人になって汚れてなくなってしまう、という類の言葉を聞くことがあるはずだが、それは具体的にはどういうことなのか、ということを教えてくれる映画だ。

 

実は、詐欺師のポテンシャルを持った人間も、その闇を隠して表層を騙せば、この世界では出世もできるし、得られる報酬もある。だが、『では彼は成功者になれるのだろうか』という疑問を持った時、真理が出す答えは即答として、『なれない』わけである。それは一体なぜか。表層に好きなものを揃えられる権利を持っているのに、成功者ではない。この映画を通してそれを理解できるなら、まだ間に合う。

 

 

『この映画のジャンル』

『音楽・BGM』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『衝撃・壮絶』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『安心・平和』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『馬鹿・痛快』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『LUCY/ルーシー』 レビュー(感想)と考察 『ミュンヘン』 レビュー(感想)と考察 『ロック・スター』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS