『ヒト』を最適化しよう。

『ロシアン・スナイパー』 レビュー(感想)と考察

『ロシアン・スナイパー』

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。
年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!2000本以上の映画を観た運営者が、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

Movie:info

初級者の方は『どんな人におすすめ?』だけをご参考ください。

 

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

第二次世界大戦中に計309人のナチス・ドイツ兵を射殺し、“死の女”と恐れられたソ連の女性狙撃手リュドミラ・パヴリチェンコが主人公となる。恐らく、当時を知る人には怖いキーワードだっただろう。エレノア・ルーズヴェルトという人格者が出てくるのも貴重だ。彼女の言葉で私が好きな言葉がある。

 

17歳の時に出会って今に至るまで、私の心底で支えとなってくれている言葉だ。アメリカの大統領の妻という立場でもある彼女の考え方は、こんな言葉を見ても伝わってくる。

 

これがエレノア・ルーズヴェルトだ。したがって、ソ連人であるリュドミラと対峙した時、彼女にはその人間関係に何の距離も感じていなかった。感じていたのはソ連側だった。彼女にあまり近づいてはならない。その時からすでに冷戦の前哨戦は始まっていたのだ。1945年の8月に日本に原爆が落とされたのは、『ソ連が日本を支配地にする前に、いち早くアメリカが制覇しなければならない』という事情があったから。ソ連に日本を取られたら、地理的にソ連側が優位性を得てしまうので、アメリカがそれを阻止するため、やむを得ず原爆を落として時短に走ったのである。

 

当時を知る人からすれば恐怖の女。だが、エレノア・ルーズヴェルトは見抜いていたようだ。彼女が一人の女性にすぎないということを。

 

  • クリミアの戦い (1941年-1942年)
  • オデッサの戦い (1941年)

 

 

 

『この映画のジャンル』

『スナイパー・狙撃手』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『戦争映画』を実際にあった戦争一覧と共に見てみよう 『女性』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『偉人・伝記』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』