『ヒト』を最適化しよう。

『ドローン・オブ・ウォー』 レビュー(感想)と考察

『ドローン・オブ・ウォー』

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。
年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!2000本以上の映画を観た運営者が、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

Movie:info

初級者の方は『どんな人におすすめ?』だけをご参考ください。

 

ドローン・オブ・ウォー』(原題: Good Kill)は、2014年アメリカ合衆国で製作された戦争ドラマ映画第71回ヴェネツィア国際映画祭に出品された後[3][4]、2014年のトロント国際映画祭でも上映された[5]

 

監督 アンドリュー・ニコル
脚本 アンドリュー・ニコル
製作 ニコラス・シャルティエ
マーク・アミン
ゼヴ・フォアマン
アンドリュー・ニコル
製作総指揮 パトリック・ニュウォール
出演者 イーサン・ホーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

2010年頃、ドローンを使って汗一つかかずにアフガニスタンにいる人間に甚大な被害を与えるミッションをこなしている男たちがいた。これは、そうした事実を基にした映画だ。たしかに、9.11以来どんな手を使ってもテロを未然に防ぎたいし、そのテロリストたちを根元から完全に根絶したいと考えるのは無理はない。誰もが防衛の責任者にいる人間であればそう考えるだろう。それ以外の9.9割の一般人は意見を持っているだろうが、責任者は0.1割だ。ガヤが何を言うのは自由。だが、内部にいる人間が何をするかで全ては決まってしまう。

 

だからグアンタナモ基地等を筆頭に、怪しいと感じた者は手当たり次第に捕まえて監禁し、決めつけて自白を強要し、少しでもテロリストとつながりがあれば『だから言ったんだ』として強引に正当化。もはや、そこまでしないと根絶はできないという証拠だ。だからドローンを使っても何をしても、怪しい者がいたら『前始末』しなければならない。

 

だが、実際にその現場を務める人間の心境はどうか。まるでゲームのように画面に映る映像を見て、流れが来たらボタンを押して爆破。一部の精神未熟なゲーマーなら目をギラギラさせて興奮しながらそれを『楽しむ』だろう。だが、彼が葛藤するのは彼が『人間』だからだ。人間を守りたいと思ったのは、彼が『人間』だからだ。その『人間』たる彼の心底が、そのミッションを否定し始めた。

 

 

『この映画のジャンル』

『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『戦争映画』を実際にあった戦争一覧と共に見てみよう

 

『その他映画コンテンツ』