『ヒト』を最適化しよう。

孔子『良い加減でなければならない。』(超訳)

儒教の始祖 孔子画像

内省

むろん、『いい加減』、つまり『テキトー』ではない。『良い加減』で、『適当』であることが望ましい。同じ読みでも意味が違う。前者は『無責任』で『自分本位』な心構えが垣間見えるが、後者は『分』をわきまえていて、勝っても奢らず、負けても腐らない、『自主、自律、責任』の精神が垣間見える。

 

『過食症』と『拒食症』、両方ダメだ。『過保護』と『育児放棄(教育放棄)』、両方ダメだ。そう考えると、なるほど『良い加減』というものは、いささか容易ではないかもしれない。だが同時に、それが在るべき姿だということも、納得がいくだろう。

 

どこかの経営者が言っていた。

『植物の水やりは、加減が重要なんです。あげないと、枯れてしまう。でも、あげすぎても、腐ってしまう。人間も、同じですよね。』

 

いやはや『良い加減』というものは確かに容易ではないが、それを重んじて、目指すべく価値のある志である。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

先進第十一-十六
子曰く、過ぎたるは、なお及ばざるがごとし。

関連する黄金律

『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。』 『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』 『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。』 『本当の友人とは。』

孔子に関する他の記事

孔子(Confucius)とはどんな人物か 孔子(論語)の名言・格言一覧