『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

孔子『指導者の責任は重い。それは、使命を負っているに等しい。』(超訳)

儒教の始祖 孔子画像

内省

例えば3.11の件で日本を心理的、経済的にパニックにさせないよう、何らかの隠蔽がされたのだとしたら、それは本当に正しい判断だったのだろうか。

 

国民や世界の人々を心底から安心させたければ、代わりのいない天皇一族でもない、国のトップである総理大臣は、身の保身を考えず、自らの命を費やす選択肢を取ることもできたはずだ。家族や友人の反対を押し切ってでも、やる意義はあったはずだ。だが、称賛されたのは『Fukushima50』と呼ばれる、東電の社員や関係者たちだった。

 

彼らは、決死の覚悟で高濃度の放射能を浴びながらの作業を志願した男たちである。KAMIKAZE(カミカゼ)と呼ばれた彼らの魂に、世界中の人々は、『サムライ』の面影を見た。人として、そして指導者として生きる意義をなんとする。人に、国民に言うことを聞かせようと思ったら、まず自分の身を正さなければならない。そうすればおのずと、国民はその潔さを、誠実さを、品性を称賛するだろう。『北風と太陽』である。

 

 

注意
※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、運営者が独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

参照文献

参照
子曰く、いやしくもその身を正しくせば、政に従うにおいて何かあらん。その身を正しくすること能わざれば、人を正しくすることを如何とせん。

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

孔子に関する他の記事

孔子(Confucius)とはどんな人物か 孔子(論語)の名言・格言一覧