Contents

ウラジーミル・レーニン『働かざる者、食うべからず。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

この意味をどう捉えるかだ。単純に、『働いている人間がいる中で、不公平になる』という、公正な秩序を保つための、戒めなのか。あるいは、他に何か違う意味が込められているのか。私はこう考える。

 

カントはこう言い、

 

トルストイは言った。

 

さて、なぜ働いた後に休息するべきで、額に汗して働くべきなのだろうか。答えは全て記事に書いた。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

林語堂の名言・格言一覧 グレース・ケリー『花は私に多くの扉を、開いてくれました。言葉よりも感情で、訴えかけてくれたのです。』 ヴィクトル・ユーゴー『皺とともに品位が備わると敬愛される。幸せな老年には言い知れない黎明がさす。』

 

関連する『黄金律

『自分の命を最も躍動させる為には、「働く」必要がある。』

同じ人物の名言一覧

ウラジーミル・レーニンの名言・格言一覧