Contents|目次

ヴィクトル・ユーゴー『真理、それは人の魂の昼だ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

では、『夜』はどうなのかということになる。ここで考えられるのは、『昼と夜』に分けていることで、それはおそらく『明と暗』。『光と闇』。だとすると、思い浮かぶのは次の内容である。

 

聖書における『ヘブライ人の手紙』には、『父が子供を叱るとき』について、こう書いてある。

『神が自分の聖性を子に与えようとしているのだ』

 

つまり人間には『聖性と魔性』の両面がある。

 

 

 

その内、父が子を叱った場所には『愛(聖性)』が宿り、『魔が刺した』人間には『罪(魔性)』が宿っていることになる。真理が、この『聖性』と『魔性』のどちらに当てはまるかを考えると、間違いなく『聖性』になる。なぜなら、

 

『真理=神=愛』

 

という図式が極めて蓋然性が高いからである。だとしたら聖性は、愛であり、それはつまり『真理』だ。だとすると、『人の魂の昼』というのは、『人間の良い面(聖性、愛に溢れた一面)』ということになるのだ。そうなると、『人の魂の夜』の方は言うまでもなく、『人の悪い面(魔性、罪に支配された一面)』ということになる。

 

アインシュタインは言った。

 

人は、真理(神、愛、聖性)に従って生きれば、格差、差別、貧困、争いという概念は存在しない。しかし存在するのが実際であり、だとしたら、『聖性と魔性の乱立』があるのが人間。アインシュタインの言うように、その『魔性』の部分を完全淘汰することは出来ないが、しかし、『劣位』にすることは出来るわけで、人は常として、『真理(神、愛、聖性)』から目を逸らしてはならないのだ。せめて。

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

フロスト『抜け出る最良の方法は、常にやり通すことだ。』 モンテーニュ『他人のために暮らすのはもうたくさんだ。せめてこのわずかな余生を自らのために生きようではないか。』 エドマンド・バーク『困難は厳正なる教師である。』

 

関連する『黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧