『ヒト』を最適化しよう。

美輪明宏『水をあげたいと思っても、あげないというのは植木を腐らせないためのひとつの技術なのです。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

『溺愛という言葉通り、お父さんもお母さんも「お前のために」とベタベタ愛情を注いでいたら、ロクな子はできません。腐ってしまいます。水をあげたいと思ってもあげないというのは、植木を腐らせないためのひとつの技術なのです。べったりしたいところを、グッと飲み込んで我慢をして、放っておいて突き放すのも、その子を成長させるためのひとつの技術です。愛情のあり方なのです。』

 

 

ニーチェは言った。

 

これがどんな場面で言われたかは、記事に書いたとおりだ。だがそこにも書いたことを、美輪明宏が同じことを言っていたのである。

 

水をあげないと枯れるが、あげすぎても腐ってしまう。植物も、人間も、水やりの加減が大切なのである。

 

私の部下には、この『水を与えられ過ぎて根が腐った馬鹿』がいる。正直、この言葉でも軽いぐらいだ。もっと罵っていいほどの、ろくでなしである。私がかつて生きたような、血気盛んな不良っ気の方向ではない。本当のろくでなし。この言葉がピタリ来る人間も珍しい。

 

もちろん彼にも理由がある。幼少の頃に、事故で兄を亡くしているのだ。それが理由で、親はこう育てた。

 

残ったこの子だけは、あの子の分まで愛してあげよう。

 

それは一見すると、とても尊い親子の愛に見える。だが、もう一度言おう。こいつはただのろくでなしだ。

 

最初は私も同情していた。だが、ちょっとでも同情するとそこにつけ込んでやりたい放題やる。こんなクズはいないだろう。死んだ兄への冒涜でもある。

 

今では彼は、自分がやりたい放題やったツケを払う毎日を送っている。だが、それが教育なのである。彼がこの『カリキュラム』を乗り越えた時、彼は本当の意味で、家族の死という不幸な出来事を乗り越えるのだ。教育とは、とりもなおさず、容易ではない。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧

美輪明宏の名言・格言一覧