名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

ニーチェ『そうかね。』

ニーチェ


ドイツ哲学者 ニーチェ画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


最近になって日本でその名を広く轟かせるようになったニーチェは、生前はほとんど評価されなかったという。

 

だがそれこそが、ニーチェが偉人たる所以だ。そうそう簡単に周りに理解されているようでは、周りがよっぽどの天才だらけなのか、本人が偉人ではないという証拠である。常に周りにいるのは、80%が凡人なのだから。

 

教授時代、ニーチェは生徒を甘やかさなかったことで有名だ。予習をせずに授業を受けて、質問に答えられなかった生徒に対し、助け舟を出すことを一切しない。十分に困らせてから、こう言ったというのだ。

 

『そうかね。』

 

当時の学生たちは、ニーチェに

 

『よろしい』

 

と言われたい一心で、学業に励んだという。ニーチェは、教師としても一流だったということだ。

 

ある経営者は言う。

『植物の水やりは、加減が重要なんです。あげないと、枯れてしまう。でも、あげすぎても、腐ってしまう。人間も、同じですよね。』

 

植物

 

これは、教育の極意だ。そしてこの極意をわきまえている人間は少なく、彼らは一流である。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

19.『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。

人間は皆、ダイヤモンドだ。いや、それ以上の価値があるのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『鈍感でなければ出来ないこと、敏感でなければ出来ないことがあるのだ。』

 

 

黄金律

『教育というものは、人間の骨組みそのものを形成する『命宿(めいしゅく)』である。 』

 

 

黄金律

『我々は永久に完成することはなく、そして最初から完成しているのだ。』

 

黄金律

『結果を出さない変わり者は『変人』と言われ、結果を出した変わり者は『天才』と言われる。』

 

 

 

ニーチェ『そうかね。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『怪物と戦う者は、その際自分が怪物にならぬように気をつけるがいい。長い間、深淵をのぞきこんでいると、深淵もまた、君をのぞきこむ。』

 

『人間が神のしくじりにすぎないのか、神が人間のしくじりにすぎないのか。』

 

『笑いとは、地球上で一番苦しんでいる動物が発明したものである。』

 

『地球は皮膚を持っている。そしてその皮膚はさまざまな病気を持っている。その病気の一つが人間である。』

 

『消化ということには、健康上一種の怠惰が必要である。およそ体験を消化するにもやはり同じ事だ。 』

 

『孤独のなかでは、人がそのなかへ持ち込んだものが成長する。』

 

『人々がいつでも、正直なことをいうのはなぜか。神が嘘を禁じたからではない。それは、嘘をつかないほうが気が楽だからである。』

 

『脱皮できない蛇は滅びる。意見を脱皮してゆくことを妨げられた精神も同じことである。』

 

『信念は嘘よりも危険な真理の敵である。』

 

『毎日少なくとも一回、なにか小さなことを断念しなければ、毎日は下手に使われ、翌日も無駄になるおそれがある。』

 

『愛せなければ通過せよ。』

 

『愛からなされることはいつも、善悪の判断の向こう側にある。』

 



広告

 

↑ PAGE TOP