Contents|目次

ジェームズ・バリー『珠玉の時間を無為に過ごさないようにと、注意を受けたことがあるだろう。そうなのだが、無為に過ごすからこそ珠玉の時間となるときもある。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

私は、無為(ふらふらしているよう)な人生を送っている年齢若き頃、思い出すだけで背筋が凍る体験をしたことがある。見ている景色があって、そこからはあり得ないはずのクラクションの音がするから、妙だと思って瞼をあけて見た。すると私は車を運転していて、50mほど向こうから、トラックが大きなクラクションを鳴らしてこっちへ向かってくるではないか。私は気が付いたら対向車線を走っていたのである。居眠りをしていたのだ。私はあの時、死んでいてもおかしくなかった。

 

対向車線

 

その他にもいろいろあるが、ここに書けるような内容としては、仕事で心身が疲れ果てている時、車のサイドブレーキをかけ忘れたことがあった。ちょっとの間寄るだけだからと思って、そのままにして停めておいたのだ。しかし、車に戻ってみると、車が無い。一瞬背筋が凍り付いて、ふと周りを見ると、電信柱にぶつかって止まっていたではないか。

 

そこは坂道だった。サイドブレーキをかけなかったことで車が坂から転落し、運よく斜めに曲がったことで、電信柱にぶつかってそこで止まっていた。もう20m下がっていたら、交通の多いバス通りに出ていて、人が死んでいた可能性があった。私はあの時、人を殺していてもおかしくなかった。

 

死

 

そう考えると、今何事も無く生きているこの人生とは、珠玉のものなのである。つまり、見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『足るを知る者は富む。足るを知らぬ者は貧しい。』

 

私のこの人生が『珠玉のもの』だと理解するためには、死ぬ思いをするか、窮地に陥らなければならなかった。だとしたら更に見るべきなのは以下の黄金律だ。

 

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

 

ピンチに陥ったからこそ、今の自分には無限の可能性があるのだと知ることができたのだ。

 

スウェーデンの諺にこういうものがある。

 

黒があるから白が際立って見えるように、無為に過ごす時間もまた、必要不可欠なものなのかもしれない。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ゴーリキー『明日、何をなすべきかわからぬ人は不幸である。』 フロスト『脳は不思議な器官だ。朝起きた瞬間に働きはじめ、オフィスに着くまで活動をやめない。』 ドン・へロルド『貧乏には、楽しいことが沢山あるに違いない。でなければ、こんなに沢山の人が貧乏であるわけがない。』

 

関連する『黄金律

『足るを知る者は富む。足るを知らぬ者は貧しい。』