『ヒト』を最適化しよう。

ジョルジュ・サンド『恋というやつは待つことを知らないもので、これがいったん若い男女の血の中に入ったが最後、はたのものが許してくれるまで待つなんてことがあったら、それこそ奇蹟というものだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

『若い男女』という限定的な言葉が入っているところがポイントだ。つまりこれは、『若気の至り』という言葉と密接に繋がっていて、『恋=錯覚』なのである。

 

ラ・ブリュイエールは言った。

 

錯覚であり、妄想。思い込みであり、麻薬。それらが持つ力は甚大なものであり、影響力は大きい。だが、だからといってそれが正しい心の在り方かと言えば、そうとは限らない。例えば、ある日のニュースで、こういうものがあった。

元交際相手の女性に、「このままじゃ貴女を殺してしまいそうで怖いんです」などとメールを送り、女性を脅したとして、21歳の大学生の男が逮捕された。

 

『恋心は崇高である』と言うのであれば、彼の恋心も尊重されるべきだ。しかし、それでストーカー殺人のような事件が起きても、本当にそれらは尊重されるべきなのだろうか。

 

 

恋は奪うもの。愛は与えるもの。つまり、しかし恋というのはそういうものなのである。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧