『ヒト』を最適化しよう。

ロバート・キャパ『生き残る確率が50%もあるなら、僕は迷わずパラシュートで降りて、写真を撮りにいく。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

2014年に公開された映画『インターステラー』では、地球の資源が枯渇し、人々が飢え死にする未来を予知したNASAが、密かに見つけていたワープゾーンを通し、秘密裏に『別の宇宙銀河』にある惑星を探索し、人間を移住させる、壮大な計画を打ち立てるストーリーが展開される。

 

宇宙では時間の流れが違う。ワープしたその先に行けば、そこでの1時間は、地球の数十年分。それに、そこに到達しても助かる見込みはないし、帰りの保証もない。帰ったら地球ではもう、知っている人がいない。あまりにも時間が経ちすぎているからだ。

 

 

だが、どちらにせよ地球にいても、人類は全滅してしまうのである。そういう、極めて窮極的である判断が問われる時、人は、それでも『明かりが差す可能性のある方向』を目指し、前へ前へと目を向けることになる。

 

満州の劇作家、別役実は言った。

 

我々が、前へ、前へと進む理由はなぜだろうか。ただ単に、生存本能がそうさせるのだろうか。一つわかっていることは、たった一度のこの儚く『無意味』な人生に、尊い『意義』を見出した人間には、『意地』があるということだ。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧