『ヒト』を最適化しよう。

ルノワール『人生には不愉快な事柄が多い。だからこれ以上、不愉快なものを作る必要はない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ルノワールは重いリューマチ性疾患に悩まされ、およそ20年もの間、車椅子で制作を続けた。更に、第一次世界大戦で息子が負傷し、看病に疲れた妻は他界した。あるとき彼はこんな質問を受けた。

 

なぜ女性や家族ばかり描くのか?

 

それに笑顔で答えたのが、この言葉なのである。

『人生には不愉快な事柄が多い。だからこれ以上、不愉快なものを作る必要はない。』

 

そしてルノワールは車椅子になっても、78歳の生涯を閉じるまで、陽気で幸せな絵を描き続けた。

 

この言葉、私が普段言うあの言葉に似ている。

『どうせ人は死ぬ。それだけでもう十分な拘束になるだろう。だからせめて、生きている間は、自分の自由に生きるのだ。』

 

私がこの言葉を言えたのも、人一倍波乱万丈な人生を生きている自負があるからだが、ルノワールはその『自由』の選択としてこの世の『日差し』を見極めることで、この”儚く”、”虚しい”人生に、”尊い”意義を、見出したのかもしれない。

 

日差

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧

ルノワールの名言・格言一覧