『ヒト』を最適化しよう。

相田みつを『ちからをいれてりきまない それがなかなか できないわたし。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

どうしても力んでしまい、身体に無理が生じる。その気持ちは私にもよくわかる。私も幼少期の頃からそういう体質である。例えば、私の右の中指には、タコがある。これは小学生からそうだが、ペンダコだ。どうしてもペンで物を書くとき、そこに力を入れて書いてしまう癖がある。それを見た周りの人間は、

 

どうして力を入れてしまうの?

 

と反応するのだが、私は無意識にそれをやっているので、これは私の性格的な体質なのである。

 

そんな私の父親は、私が18歳の時に肝臓がんでこの世を去ったわけだが、どうもその理由が、精神的なストレスがもたらした影響が大きいと言うのだ。つまり、これらの環境で生きる私が、これらの事実から何を考えればいいということは、明白。私は人一倍、自主的に心身を労わらなければならない。

 

私は、ストレスが頂点に達した15歳の時、口唇ヘルペスを発症させてしまい、以来、ストレスが一定のラインを割ったら、その持病が発症するようになった。しかし、見てわかるように、ストレスさえ一定のラインを割らなければ、その持病は発症しないのだ。それにもかかわらず、その後の人生で、私はヘルペスを発症させたのは、一度や二度ではない。100回を優に超えているのである。つまり、このことからもわかるように、私は『無理をしてしまう性格』なのだ。

 

だが、そんなポテンシャルを憂う私ではない。『だとしたら』、積極的に心身を労わればいいだけだ。この内省でも十二分な精神安定の役割を果たせるし、お風呂や食事、映画や小旅行等、今、私の人生には、その私の難しい気質を癒すだけの、緻密なスケジュールが常に組み込まれていて、そのおかげあってか、私が疲労によって倒れることはない。いや、厳密にはあるが、しかし、『だからといって』そこで根を上げる私ではない。その倒れてしまった事例から教訓を得て、スケジュールを変えたり、トレーニングの頻度やメニューを変化させ、倒れるからと言って前に進む姿勢を崩さない。

 

力を入れて、力まない。それがなかなか出来ない私なら、逆に、その性質を利用して、自分にしか組めない人生のスケジュールを組めばいいだけだ。そうしても、しなくてもどうせ死ぬんだ。例え病気に侵されても、それは寿命が来たのだ。だからといってその日を憂い、この余生をくよくよと生きる理由にはならない。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『いつも心が愉快であることの、甚大な恩恵を知れ。』

同じ人物の名言一覧

相田みつをの名言・格言一覧