『ヒト』を最適化しよう。

武者小路実篤『死の恐怖を味わうことは、その人がまだ生きてしなければならない仕事をしていないからだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

マルクスは言った。

 

この二人の言葉を聞いて、今、自分の心はどう騒ぎ出しただろうか。その胸騒ぎに、耳を素直に傾けるべきである。もし、騒がないと言う人がいれば、それはこの二人の話を最初から熟知していた人か、あるいは思慮を放棄した人だ。

 

三浦綾子はこう言い、

 

フランクリン・ルーズベルトは言った。

 

人生の黄昏時を迎えて、もし『恐怖』たる『悔い』を残すのであれば、それは人生に立ち向かうことを放棄して来たツケが回ってきた証拠だ。死の床に着くとき、振り返って後悔するのは、『負ってきたリスク』ではない。避けてきたリスク、掴まなかったチャンス、立ち向かわなかった恐怖なのである。今日が人生最後の日だと思って、毎日を生きたい。本当に今日が最後になるかもしれないのだから。命を、使い切れ。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧