目次

マックランドバーグ・ウィルソン『悲観主義者とはドーナッツの穴に目を向ける人のことだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

オスカー・ワイルドは言った。

 

彼らの意見はピタリ一致している。最初から穴が開いている『ドーナツの穴の部分』に目を向けて、

 

(なぜここにドーナツが無いのか!!うぅ…。。)

 

と悩んでいる人は、一体何を考えているのだろうか。そういった新しい視野が持てればまずは十分だ。

 

ドーナツ

 

その次にこの言葉を見て見よう。

 

フォスディックは言った。

 

シャルル・ド・ゴールは言った。

 

あるいはヘンリー・ミラーのこの言葉はどうだ。

 

痛みから逃げる人生は、『人生』とは呼べない。

 

ルソーは言った。

 

呼吸することしかできない特別な状況にある人をのぞき、この人生で呼吸することだけに甘んじて生き長らえている人は、人生の無駄遣いをしている。自分にやるべき責任があるという事実に目を向けている人は、この人生においてやるべきことが何であるかを知っているはずだ。

 

それはもちろん、見てみぬふりをすることでも、自分一人が生き長らえることに執着することではない。ドーナツの穴に目を向け、悲観的な気分に浸ることでもない。読むべきなのは以下の記事だ。

 

『愛があれば全ては解決する。』

 

 

関連する『黄金律

『足るを知る者は富む。足るを知らぬ者は貧しい。』

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』