『ヒト』を最適化しよう。

マーク・ザッカーバーグ『難しいのは機能を追加することじゃない。どんな機能を付けないか、なんだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

ジム・コリンズの著書『トレード・オフ』では、『上質を取るか、手軽を取るか』という『トレードオフ(二者択一)』の発想を学ぶことが出来る。『カテゴリーの法則』から考えても、全てを器用貧乏的に幅広くやるよりは、何かに特化した方が圧倒的に強みを発揮する。『何々をやらせたらピカイチ』という様な、そういう知覚が欲しいのだ。『コーラと言ったら、コカ・コーラ』の様な、『知覚の法則』に則って戦略を練りたい。

 

PintarestやInstagramは、写真のアップ分野に関して、トップをひた走り、Googleは検索エンジン、スマートフォンは、アップル、SNSは、Facebookという風に、ずば抜けた知覚が、競争優位のカギになる。例えばディーゼルなら、=ジーンズだが、ディーゼルが出した『パン』であれば、あまり食べようとは思わない。しかし、ジーンズなら、(きっといいジーンズだ)と認知する。この知覚が欲しいのだ。

 

本田宗一郎も、

 

と言ったが、他社を見て、他社のサービスを真似し、二番煎じを狙おうものなら、いずれ必ず淘汰される。しかもそれは『競争優位』の観点から見たら、間違いだ。『マイケル・ポーターの競争戦略』にはこうある。

競争優位とは、企業が実行する活動の違いから生じる、相対的価格または相対的コストの違いをいう。競争優位を実現した企業は、活動がほかと違っているはずだ。活動の違いには二種類がある。他社と同じ組み合わせの活動を他社より優れて実行しているか、他者と異なる活動の組み合わせを選択しているかだ。もちろんここまで読んできたあなたには、一つ目の手法が最高を目指す競争だということはお見通しだろう。そしてこの手法がなぜ競争優位を生み出す見込みが低いのか、その理由もわかっているはずだ。

 

幅広く展開させることは可能だが、『製品ライン拡張の法則』に則った戦略を考える必要があるのだ。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『簡潔、単純、シンプルが知性だ。』

同じ人物の名言一覧