『ヒト』を最適化しよう。

ボナール『人はひとりの友人を見出せなかったので、数人の友を持って自らを慰めている。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『ピエロのパラドクス』。つまり、ピエロの様におどけて人を集め、楽しませ、大いに盛り上がるが、事実、彼らの人間関係は、『ピエロと客』以外のなにものでもない。

 

 

彼らはピエロが、芸をするから近寄ってきただけだ。ピエロが白塗りの化粧を落とした素顔や、彼の本名には興味はないのである。しかしピエロは、人と仲良くなりたいからピエロになったのだ。そこにあるのはパラドクス(逆説)である。仲良くなりたいからピエロになったのに、真の人間関係は遠のいてしまったのである。

 

かつて私は、家庭内で宗教が絡んだ不和があったことが原因で、悪友たちとの人間関係に、家族や、それ以上の絆を求めていた時期があった。しかし、そこにあったのはピエロのパラドクスだ。

 

表層的にはよかった。しかし、彼らは私の本性には興味を見出すことは無かった。私はボナールの言うとおりの人生を送ってしまっていたのかもしれない。しかし、彼らと別れてからもう5年以上が経った。私は残りの人生で、友人を『慰めの道具』として扱うことをやめ、心底から共鳴する真の友と出会うことはできるだろうか。そんな日が来ることを楽しみにしている。一つだけ言えることは、ピエロを演じる以上は、真の友には会うことは出来ないということだ。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『本当の友人とは。』

同じ人物の名言一覧

ボナールの名言・格言一覧