Contents|目次

ブロンソン・オルコット『真の教師は、自分の個人的な影響から生徒を守る。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

プラトンは言う。

 

教師や指導者は往々にして、対象者に自分のエゴを押し付けがちである。親だって同じことだ。例えばマイケル・ジョーダンの父親が『卓球の達人』だった場合おそらくマイケルにも同じように、 『卓球の達人』になってもらいたいと思ったかもしれない。だが、マイケルの才能は明らかにバスケットボールで花開いた。彼がやるべきだったのは、卓球ではなくバスケットボールである。

 

バスケットボール

 

私は親に、クリスチャンであることを強要され、日曜学校に行かなければ、父親が怒鳴りつけてそれを叱りつけ、刃物を持ったこともある。だが、すぐに置いた。殺すほど親を憎んでいなかったし、親なりの愛であったことを知っていたからだ。しかしその10数年後、死んだ父親のその話をすると母親は、

 

そんなことお父さんはしないと思う。

 

などと言って、真実を実に堂々と隠蔽、捏造をしてみせた。私の心がどれだけこの両親に引っ掻き回されてきたか、少しくらいは想像できただろうか。だから私はよく知っているつもりだ。教育者の責任を。自分も気づいたらそうなっていた、という事の無いように、気を引き締めたい。

 

ショーペン・ハウエルは言った。

 

しかし、それを強制したのが私の両親だ。

 

クリスチャン

 

『真の教師は、自分の個人的な影響から生徒を守る。』

 

私の両親は自分たちの持つ個人的な影響、つまり『信仰』を我々子供に押し付け、自由を与えなかった。そして、数えきれないほどの衝突や問題ごとが起きたというのに、私が29歳の頃に母親が言った言葉がこれだ。

 

この家はクリスチャンの家だから、従えないなら出ていってもらうしかない

 

あれから5年。母親は、その発言がどれだけ軽薄で自分本位であるかということについて、『最終的には殺す』覚悟で私が諭し続け、今ではその発言を悔いているようだ。父親はもうとっくにない。彼はクリスチャンのまま死に、そして死に際にこういう言葉を残した。

 

もっとこの信仰を多くの人に伝えたかった。

 

私は両親と心底から共鳴することができない。そういう運命の下に生まれた人間だ。少年時代はそのことを受け、自分が悲劇のヒーローであるかのように演じてきた。しかし今は違う。私には『教師』がいる。『反面教師』という、真の教師が。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ホイットマン『若い女は美しい。しかし、老いた女はもっと美しい。』 三木清『個性的な人間ほど嫉妬的ではない。』 神谷正太郎『日本に帰ってどのような人生を切り開いていけるのか。まったく目途は無かったが、独り者の身軽さも手伝って『何とかなるさ』と楽観しながら、久しぶりの船旅を楽しんだ。』

 

関連する『黄金律

『愛があれば全ては解決する。』