『ヒト』を最適化しよう。

フロイト『夢は現実の投影であり、現実は夢の投影である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

投影バイアス』とは、例えば、今お腹が空いているということは、一時間後の自分もお腹が空いてしまっている、と考えてしまう先入観(バイアス)のことである。一時間後の自分に、今の自分を投影してしまうのだ。同じ状況にいる、と思ってしまうのである。では、『夢は現実の投影』ということはどういうことかというと、『今の自分は現実にいる』わけで、その自分が、『なりたい自分』だかを夢見て、妄想した。

 

あるいは、『設定』という具体的な人もいるかもしれないが、いずれにせよ、そんな『現実の自分』が、『未来の自分』を夢として思い描いた。

 

 

そこにいるのは、『現状の自分が投影できるレベルの自分』であり、だとしたら、それは達成できる可能性が高い。

 

普通、人間が想像することは大体達成できる。事実、そうして設定して、それを達成した人は大勢いる。イチローや本田などは顕著な例で、小学生の頃からそうして自己暗示(アファメーション)をかけ、なりたい自分(夢)に向かって歩くべき道を歩き続けた結果、夢を現実のものにしたのである。

 

 

では、『現実は夢の投影』ということはどういうことかというと、その『思い描いた自分』が、『現在の自分の動きを管理』するということ。つまり、今書いたイチローや本田がそうだ。

 

(その夢を叶える為には、今日、これを避けて通れない。)

 

といった形で、現在の自分が、その夢によって支配されるのである。

『三笠山に登る一歩、富士山に登る一歩、同じ一歩でも覚悟が違う。どこまで行くつもりか、どこまで登るつもりか、目標が、その日その日を支配する。』

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。』

同じ人物の名言一覧