Contents|目次

フランクリン・ルーズベルト『月を取れ、取り損ねても、星に届く。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

浄土宗の祖、法然もこう言った。

 

意味は、幅一丈(約3メートル)の堀を飛び越えようと思うなら、その1.5倍の堀を飛び越えるぐらい練習しないと(または、そういう気構えで飛ばないと)、成功しないものである。というもの。

 

カップラーメンの創始者、安藤百福も、

 

と言い、天才ギタリスト、ジミ・ヘンドリックスも、

 

と言った様に、もし『星を取る』のが目的だったなら、むしろその目標設定は、『月を取る』ぐらいにしなければならない。それでようやく『星に届く』と思った方が良い。もし本当に月を取れたなら、文句なしだ。

 

 

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

太田道灌『兵法に通じている者は兵の多少によらず勢いに乗ずるものである。自分が歌を唱う声に和唱して進んで戦えば勝つ。』 レディー・ガガ『今の自分になるために多くの努力をしてきた。』 ウェルギリウス『すべての悪のうち、うわさが最も速い。うわさはその速さによって力を持ち、進むに従って勢力を得る。』

 

関連する『黄金律

『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。』

同じ人物の名言一覧

フランクリン・ルーズベルトの名言・格言一覧