『ヒト』を最適化しよう。

伴蒿蹊『末にはついに海に入るべき水も、しばし木の葉の下をくぐるなり。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

ある『水』は、『大海原』と呼ばれるようになる前に、『とある山道の名も無い川』だった。その前は『大河の一滴』だ。しかし注目されるのはいつだって、『大海原』である。『弾み車効果と悪循環』という概念を知れば、この言葉の意味が更にグッと深くなるだろう。人間の評価など虚ろなのだ。焦点を合わせるのはそこではない。来たる『打ち上げ』の時、花火の種を仕込むことを怠れば、鮮やかな花火となって夜を舞い、人々の目をくぎ付けにすることはないだろう。

 

今、通り道や回り道をしていると自覚する人がいても、それを過度に気にすることはない。むしろ、見るべきなのは以下の黄金律。

 

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

 

そして下記の記事だ。

 

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

その回り道がむしろ自分の成長のための糧となる。それがなければ成長には限界があり、できてもせいぜい『膨張』どまりである。膨張は破裂するのが相場だ。成長と膨張は違う。

 

『ウサギはカメを見ていた。しかし、カメはゴールを見ていた』。

 

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧