『ヒト』を最適化しよう。

バーナード・ショー『できるだけ早く結婚することは女のビジネスであり、できるだけ結婚しないでいることは男のビジネスである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『ビジネス』というところがポイントだ。ビジネスというのは、仕事。あるいはミッションである。ミッションは作戦、あるいは使命という風にも言えるわけで、そこまで考えると、『早く結婚することが女のミッション』という意味の理解に近づいてくる。

 

使命。例えば女は、いやもちろん男もだが、老けていく。新しい若い女は星の数ほど現れるし、独身の男が性的に興味をそそられるのは、往々にして若い女であることが多い。それに女は、子供を産む年齢に時間制限がある。そういうことを考えただけでも、『早く結婚することが女に与えられた使命』なのである。

 

では男はどうだろうか。男は、今女の例で挙げた問題は一切関係が無い。だから女の都合とは全く違う観点でもって人生を生きている。それが男女の違いだ。PRESIDENT2014.9.29号にはこうある。

男が会社に勤め、女が専業主婦になるケースで考えると、結婚とは

「女が男の可能性を買い、男が女の旬を買う」

 

行為というふうに考えられる。男の年収のピークは50歳前後であるために、女は男の将来性を「青田買い」していることになる。他方、男にとっての女の魅力は、見かけ等が生け花と同じように時間とともに劣化するので、結婚した時点が女の最高の瞬間であり、

「男は女の最高を買う」ことになる。

 

同じ人間でも、凸凹の文字通り、違う形をしているのが男女であって、それについていちいち『だから男は』とか、『どうせ女は』と言っている時間は無駄だ。

 

女の特性、男の特性、

 

犬や猫の特性を図鑑で調べるように、それぞれを理解すればいいだけだ。女には女の、男には男の時間が流れているのだ。そもそも、その意中の異性が、本当に自分に適した人物であるかどうか、そんな保証はどこにもない。幾多もの結婚後の不倫や離婚が、それを物語っているのである。

 

人はもしかしたらただ、タイムリミットの強迫観念で結婚をするのかもしれない。タイムリミットが無ければ、人は何千年でも、独身時代を謳歌するのかもしれない。結婚を焦る女と、結婚を先のばす男を見ていると、そう思えてならない。

 

そう考えると、結婚がしたいなら『意中の人』というよりも、『結婚がしたいと考えている異性』と向き合うことが、最善なのかもしれない。お見合いでの結婚が意外と長続きする理由は、それが関係しているのかもしれない。そうすれば気づけば、向き合っているうちに彼、彼女が『意中』に入っているからだ。『愛』もそんな二人なら、一緒に築いていけるはずだからだ。

 

結婚

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『愛があれば全ては解決する。』

同じ人物の名言一覧

バーナード・ショーの名言・格言一覧