『後悔したくない方』はこちら

豊臣秀吉『金を溜め込んで使わないのは、良い侍を牢屋に入れておくことと同じ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

徳川家康織田信長と並ぶ三英傑。日本の戦国武将である。この言葉、秀吉が金銀を気前よく部下や民衆に与えるのはなぜかと家臣が聞いた時の言葉だという。秀吉は気前が良い武将であると同時に、敵だった武将を打ち負かした後、牢に押し込めておかずに自分の部下に登用するほどの器量を持っていた。

 

宝の持ち腐れ』とは、役に立つ物を持ちながら利用しないこと。あるいは、優れた才能がありながら発揮することがないことのたとえ。確かに、あえて抜かない剣もある。だが、野ざらしにして雨で錆びたなまくら刀ならまだしも、研鑽に研鑽を重ねて研ぎ澄まされた伝家の宝刀は、使ってこそその真価を発揮する。

 

リソースとは、『資源』の意味で、(ヒト、モノ、カネ)のことを指し示すことが多い。そのリソースも、どこに『支点』を置き、どれだけ『入力』するかによって、『出力』に雲泥の差が出る。大きな出力(結果)を生むために役立つリソースを持っているなら、それを使ってそこに入力し、効果を得て、それによって更にそのリソースに磨きをかけることもまた、押さえておくべく思慮の一つである。

 

出力

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『お金を稼ぐことは、良いのか。それとも悪いのか。』

同じ人物の名言一覧