『豊臣秀吉の言葉』を自分のものにしよう!

豊臣秀吉とは(画像

日本武将通称『三英傑』。豊臣秀吉は1537年3月17日生まれ、1598年9月18日に没した日本の戦国大名です。日本国内ではその名を知らない人はいないというほど知名度が高い戦国武将であり、織田信長徳川家康と並んで三英傑と呼ばれることもあります。最大の特徴としてはその出自で、農民の出とされています。実力さえあれば上り詰めることがでる立身出世の象徴として、農民から天下人へと至ったその足跡は伝記を始めとしてドラマや映画などでも取り上げられることが多い人物でもあります。側近だった黒田官兵衛も、近年知名度が上がりました。

 

元々は織田信長に仕えていた一大名でしたが、明智光秀の起こした謀反、本能寺の変の際、当時攻めていた中国地方の毛利氏と早々に講和をまとめ、中国大返しと呼ばれる迅速な軍団移動で事件のあった京にすぐさま引き返し、山崎の戦いで明智光秀を打ち破り、その後の政争にも勝利して織田信長の後継者として天下に君臨することになりました。ただその栄華は一代限りで、秀吉の没後は徳川家康が台頭し、幕府を築きます。

 

豊臣秀吉の名言としては、いつも前に出ることがよい。そして戦のときでも先駆けるのだ、というものがあります。飽くなき向上心を感じさせる言葉として本人の生き様を象徴しています。チャンスを逃さない、自身をしっかりとアピールするという、現在の処世術にも通じるような自己演出を行うために重要なことがこの言葉に含まれているともいえます。戦での腕っ節ではなく、如何に取り立てられるかということに重きを置いた言葉として、多くの人に影響を与えています。

メニュー

内省記事一覧