『後悔したくない方』はこちら

豊田佐吉『人間のやったことは、人間がまだやれることの100分の1にすぎない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

例えばコペルニクスガリレオが『地動説』を説くまでは、『天動説』が主流だったわけだ。つまり太陽が地球の周りを回っているものだとばかり思っていた。そして地球は、宇宙の真ん中にあると思っていたのだ。しかし違った。『地動説(地球の方が動いているという説)』が正しかったのだ。

 

そう考えると、人間には『伸びしろ』があり、そこをどれだけ埋められるかということが、人間に与えられている裁量であり可能性である。アインシュタインが見出だした『相対性理論』も同じように『空白を埋めた』異形の一つだ。今まで有力だった、宇宙が膨張し続けているという『インフレーション多宇宙』の論説も、最近になって雲行きが怪しくなってきたという。そこを考えるだけで、人間に与えられている『伸びしろ』は、まだまだあり余っていると考えて間違いない。

 

だとしたらだ。避けてきたリスク、 掴まなかったチャンス、立ち向かわなかった恐怖、強制された常識、それらは全て、『伸びしろを埋める』行動とは、正反対だったかもしれない。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』 『人間は今、『最高到達地点』にいない。』

同じ人物の名言一覧