『後悔したくない方』はこちら

伊達政宗『物事、小事より大事は発(は)るものなり。 油断すべからず。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

アリストテレスは言った。

 

割れ窓理論』とは、窓が少しでも割れているのを見た時、(大したことない)とそれを放っておいてしまったせいで、その割れ窓から、ゴミのポイ捨て、壁の落書き、そしてついには街の荒廃に繋がってしまうという人間の事象において、考えられる理論のことである。窓が少しでも割れていたなら、すぐにでもその窓を取り換えなければ、取り返しのつかない事態にまで発展することがあるのだ。

 

芥川龍之介は言った。

 

細部を軽んじ、手を抜いている人間は、その軽んじた穴から水に浸水され、みるみるうちに沈没させらるだろう。

 

関連リンク:『大したことない。そう思ってないがしろにした全てのことが「大したこと」だったから、あなたの人生は大したことないのでは?』

 

Twitter上の考察意見

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

同じ人物の名言一覧

伊達政宗の名言・格言一覧