『ヒト』を最適化しよう。

タゴール『花はその花弁のすべてを失って果実を見いだす。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

この間見て興味深いと思ったのは、『果実の性質』である。『はしり、さかり、なごり』という収穫時期があって、往々にして人が認知する果実の収穫時期は『さかり』であるが、『なごり』の時期の果実は、それはそれで適している製品があるという。例えば、『ジャム』だ。私が見たこの企業は、『なごり』の時期まで待ってから果実を収穫し、それをジャムにして、何とも言えない濃厚な製品を作るノウハウを見出した。

 

彼らの言う通り、その『なごり』の果実を割って中身を見ると、中身が熟々に熟していて、とても濃厚そうに見える。彼らの畑にある果実は、雪国とういことも手伝って、雪をかぶった果実が、その寒さで更に甘味を増しているのだ。この『果実の性質』を見た時、私は妙な違和感に包まれた。その違和感の正体は、もちろん、良い方の違和感だ。

 

人間も果実と同じで、『深化の時期』があってこそ、進化し、真価を磨くことが出来る。そして、このテーマを考えるときに見るべきなのは、宮崎駿のこの言葉で書いた、

 

『有機水銀分解菌』というキーワードである。一体この妙な違和感の正体は、何なのだろうか。私はもう、首まで出かかっている。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

同じ人物の名言一覧