『ヒト』を最適化しよう。

ジェームズ・ディーン『そんなものは、100年も経てば全部忘れられてしまうだろうから。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『ぼくは、成長して、このちっぽけな世界から抜け出したい。価値もないみみっちい物事についてのちっぽけな考えから自由になってね。そんなものは、100年もたてば全部忘れられてしまうだろうから。』

 

例えば、今日本人は、刀を持ち歩いていない。そして、ある国では、顔を隠して歩かなければならない。また、ある場所では、生贄や魔女狩りが行われている。さて、これらは『永遠』なのだろうか。それとも『一時的』なのだろうか。そんなことを言ったら、全てが一時的なものになる、と考える人もいるだろう。法律や、情勢や、流行は、常に流動変化しているのであって、不変的なものではない。

 

しかし、永遠はある。『愛』だ。

 

 

それに『真理』だ。そして、

 

フランソワ・ラブレーも、

 

と言っている様に、『時間』もそうだろうか。

 

ブッダが言ったように、

ブッダ

 

この世は諸行無常であるが、しかしその中でも確固としてそこに不変なものがある。それは、『諸行無常であるという教え』そのもの。これは不変的だ。

 

ということは、『真理=不変的』なのであり、だとしたら、『愛、真理、時間』という概念は、永久不変として、そこに在り続けるのである。ジェームズ・ディーンが感じていた『違和感』の正体は、『虚無』である可能性が高い。例えば、こう考えていた。

 

(なぜ、(目の前に広がっている)こんなにも儚く不確実なものにしがみつき、支配され、この尊い命の『無駄遣い』をしなければならないのか。)

 

何かが違う。その違和感の正体は、とても厳かであり、彼の直感は鋭い。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

ジェームズ・ディーンの名言・格言一覧