『ヒト』を最適化しよう。

ジェームズ・ディーン『満足感は、結果にではなく、過程にこそある。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

よく聞く話なのだが、実はとても奥が深い。まず考えたいのは、『限界効用の逓減』である。これは例えば、仕事終わりの一杯目のビールは美味いが、二杯目、三杯目と味が落ちていく現象のことである。では一体、なぜそうなってしまうのだろうか。

 

ドストエフスキーは言った。

 

いや、普通は『発見』こそが幸福だろう。あるいは、数学の天才、グリゴリー・ペレルマンは、なぜ、『数学のノーベル賞』と言われるフィールズ賞の受賞を辞退して、

 

そう言ったのだろうか。普通、それはとても名誉であり、幸福なのではないだろうか。では、次に考えるのは、聖書の『伝道者の書 5章』にあるこの一文である。

『見よ。私がよいと見たこと、好ましいことは、神がその人に許されるいのちの日数の間、日の下で骨折るすべての労苦のうちに、しあわせを見つけて、食べたり飲んだりすることだ。これが人の受ける分なのだ。実に神はすべての人間に富と財宝を与え、これを楽しむことを許し、自分の受ける分を受け、自分の労苦を喜ぶようにされた。これこそが神の賜物である。こういう人は、自分の生涯のことをくよくよ思わない。神が彼の心を喜びで満たされるからだ。』

 

なぜ人間は、二杯目のビールより一杯目が美味く、発見よりもそれを見つける旅が好きで、受賞よりも自分が歩いた確かな道のりを確信し、骨折る労苦の合間に食べる食事を、喜べるのだろう。答えはもう、出ている。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『自分の命を最も躍動させる為には、『働く』必要がある。』 『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧

ジェームズ・ディーンの名言・格言一覧