『ヒト』を最適化しよう。

ココ・シャネル『私の人生は楽しくなかった。だから私は自分の人生を創造したの。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

12歳で母親を亡くして、すぐに父親に捨てられて、孤児院生活を送ったココ・シャネル。この一言を聞いただけで、彼女の人生がどれだけ波乱に満ちていたかが手に取るようにわかるはずである。

 

 

だが、そのまま屈してなるものか。そういうエネルギー源を生み出したということを考えると、冒頭の一言が、ココ・シャネルにとって重要な根幹であるということは、一目瞭然である。他者には言われたくはないだろう。だが、第三者の極めて冷静な目から見える景色もまた、一つの真実である。

 

ヘレン・ケラーは言った。

 

かくのごとく、『深化の時期』が無ければどちらにせよシャネルは、世界的に有名な人間になっていなかった可能性が高い。それは私も同じことだ。キリスト教徒になることを親から強要され続けた。この複雑すぎる問題が原因で、私は『思考放棄』する時代を何年も過ごしたのである。

 

その時代は刹那的だった。何一つ建設的ではなかったのだ。しかし、だからこそ見えた現実があった。だからこそ見えた、『道』があったのだ。どの道を歩けば虚しく、どの道を歩けば生きがいを得るか、私にとってその時代は、そういうことが研鑚された、深化の時期だった。

 

(この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。)

 

ココ・シャネルもそう言って奮起させたに違いない。

 

Twitter上の考察意見

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

同じ人物の名言一覧

ココ・シャネルの名言・格言一覧