『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

アガサ・クリスティ『人生は死への前奏曲である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

アニー・ディラードは言った。

 

私がそこに書いたのはこうだ。

我々人間が最後に見る映画、『走馬灯』。その時に、最高の映画を鑑賞できるかどうかは、監督である、自分の手にかかっている。ここでアニー・ディラードの言葉を私なりに言い替えよう。

 

『”最後の映画”なら、誰にでも観る資格がある。だが、”最高の映画”を観れるかどうかは、自分の手にかかっているのだ。悔いのない人生を生き、最高のフィナーレを迎えよう。』

 

 

そう考えると、アガサ・クリスティの言うこの『前奏曲』とは、まるで、この『最後の映画』が上映される前に流れる、『プロローグ(序章)』の一つである。

 

人生は、『二つ』ある。一つ目は、この、実感している毎日のことだ。そして二つ目は、人生最後の景色を見終る瞬間、そしてそのすぐ後に上映される『走馬灯』を客観的に見る自分の意志のことだ。自分の子や、親が死んだときに悟る、この命の有限さと、宇宙と生命の神秘、そしてその実態。ある種の魔法がかかっていたかのように、夢から醒め、そして本当の実態を取り戻すかのように、我に返るあの実感。それと同じように、人間はまるで、『孵化』する。

 

殻から出たその時、ふと抜け殻を見た時に、自分が未熟な存在だったことを悟るわけだが、マトリョーシカの様に、殻から出ては、また出てはを繰り返し、最後に残るのが、『二つ目の人生』だ。その二つ目にして、最後であり、完成形の人生。そこに到達するまでに通る道のりが、『一つ目の人生』だ。

 

この一つ目の人生は、プロローグである。それが終わって、人はようやく本章に突入するのだ。そう考えると、とてもワクワクしてくる。もちろん、だからといって奇声を発して人を殺したり、自らすすんで自殺したりということにはならないが、何しろ、死は終わりではなく、始まりなのだ。

 

ここで、とある『人間の代表的偉人』の言葉と、意見が一致した。

 

ソクラテスは言った。

ソクラテス

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

同じ人物の名言一覧