目次はこちら

グリゴリー・ペレルマン『自分の証明が正しければ賞なんて必要ない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ロシア数学者。生誕1966年通称『天才数学者』。
ふむ…。

運営者

考察

人類が100年の間解けなかった難問、『ポアンカレ予想』を解決し、数学界のノーベル賞であるフィールズ賞の受賞が決定したが、ペレルマンはそれを辞退し、こう言った。

 

『自分の証明が正しければ賞なんて必要ない。』

 

地位も名誉も財産も拒否し続け、母親と細々と暮らすペレルマン。

 

彼は『良質』?

 

それとも、前述したようなものを得てから、初めて『良質』?

 

『良質』とは一体なんだろうか。

 

私は彼がそれらを得ようが得まいが、彼が、やったという事実は同じであり、『良質』であると考え、もっと言えば、彼が彼であるという事実は同じであるから、彼が『やる前』から、『良質』であったと考えたい。

 

例えば、『頭の中に設計図が浮かんでいる』としたら、私が考える『良質』とは、『その時点で』、良質である。

 

設計図

 

決して、『それを表面化してから』良質になる、という発想ではない。そんな後付け的で、後始末的な発想は、知性が感じられない。それに、本人の気持ちを第一に考えたらそういう発想になるはずだ。本人は嫌気がさすに違いない。

 

『なぜ目の前の無知で懐疑的な人間を納得させるために、躍起になって自らの証明をしなければならないのか。それをすることに何の意味があるのか。それをしなければ、自分が自分でいられないとでも言うのか。』

 

しかしこの世は、 『より大勢の人を感動させる』ことに焦点を合わせなければならない固定観念に蝕まれていて、その焦点から少しでも外れると、『変人』とか、『奇人』とか、あるいは『天才』だと評価する。

 

だが、私はペレルマンという人間が取ったこの態度を一生忘れることは無いだろう。 彼からは『真の自由』を得た人間の匂いがする。こういう人間の人生から目を逸らしてはならないと、直感が叫ぶのだ。

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』