『後悔したくない方』はこちら

キュリー夫人『人事に携わる者の代わりは幾らもいますが、真理に携わる者の代わりは多くはいません。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

運営者

ふむ…。

考察

『真理に携わる者』を、『断固として真理を説く者』と考えた時、すぐに思いつくのは、当然の様に『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリストである。

キリスト

 

確かに彼らの教えの形や宗派は、絶妙に違うかもしれない。だが、彼ら四聖が説く話によく目を見開いて着目すると、彼らの言葉は全て『真理(的を射ている話)』だということにたどり着くのだ。彼らが『四聖』と言われ、『知性の源』であるとされ、彼らの言葉が傾聴に値する理由とはまさに、彼らが聞人(ぶんじん。世間によく名の聞こえた人)や 郷原(きょうげん。世渡りのうまいお調子者)を向こうに廻して、自らの信ずるところに従って、堂々と主張し、行動した勇者だからである。『向こうに廻す』というぐらいだから、当然、彼らには『敵』の様なイメージの人物がいたということだ。

 

事実、孔子は、今でこそ中国を代表する大学者や聖人とされているが、同時代人の多くからは、出来もしないことをしようとしている、身の程知らずや物好き扱いされていた(憲門第十四-四十)。ブッダも、カースト制度を否定したことで、バラモン教徒から白い目を向けられていた。ソクラテスやキリストなど、無実の罪で処刑されているのだ。しかしそれでも断固とて、自らの信じる真理を貫き、命を全うしたのである。

 

このキュリー夫人の言葉も、『人事に携わる者はいくらでもいるが』、としていることを考えると、その後に続く人物の話は、その対極にいる人物である可能性が高いわけだ。だとするとこの言葉から滲み出て来るのは、決意と覚悟。決して周りの意見に流されない、断固とした意志だ。強い意志を持つ人間でなければ、何かを成し遂げることは出来ないのである。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

同じ人物の名言一覧

キュリー夫人の名言・格言一覧