『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

木村拓哉『オヤジにボコボコなぐられて育ちましたからね。ああいうふうにされなかったら、こういう人格にはならなかったと思う。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『オヤジにボコボコなぐられて育ちましたからね。ああいうふうにされなかったら、こういう人格にはならなかったと思う(笑)おかげでというか、ものすごい負けず嫌いなんです。たとえば、ちっちゃいころ、オヤジとキャッチボールするでしょう。すっげえボール投げるんですよ。『とらねーと、痛えぞ!』って(笑)とらなきゃ当たるから、もう必死でとるしかないわけ。今、俺ができるスポーツは、全部そうやって教えられたよね。』

 

よかった。今回の内省で、彼のあの意固地な性格の根幹にあるものが何かわかった。彼の負けず嫌いは、たまに見ていて見苦しいときがある。木村拓哉は虐めも経験しているが、この父親の教育を、過度に表現して『虐待』というのであれば、彼の人格が意固地になるのは必然である。

 

無理はない。人間というものは、家庭環境で人格のほとんどが形成されるのだ。その性格が功を奏した時、また、私が感じた違和感の様に、デメリットになる時、様々なケースがあるだろう。しかしそれは私も同じだ。私も傍から見て、違和感を覚えられることはあるだろう。その人間に見識があるかどうかは別だが。人間には必ず事情があるのだ。きっと彼も私と同じように、そんな今の自分の人格を誇りに思っていることだろう。それがあったからやってこれた実感があるからだ。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧